ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【悲報】アマゾンの一番偉い人が離婚 / ジェフ・ベゾス会長「25年連れ添った妻と離婚」

amazon-jeffrey-preston-bezos-divorce

インターネットショッピングサイト「Amazon」グループの創設者であり会長でもあるジェフ・ベゾス氏(54歳)が、妻と離婚したことが判明し、悲しみの声が広がっている。

・お互いを理解したうえで別れる
ジェフ・ベゾス氏は離婚した妻と25年間も仲良く結婚生活を送ってきたが、今回は「円満離婚」ということで、お互いを理解したうえで別れることに踏み切ったようである。以下は、離婚を激白したジェフ・ベゾス氏のコメントである。

・ジェフ・ベゾス氏のコメント
「We want to make people aware ofta development in our lives. As our family and close friends know, after a long period of loving exploration and trial separation, we have decided to divorce and continue shared lives as friends. We feel incredibly lucky to have found each other and deeply grateful for every one of the years we have been married to each other. If we had known we would separate after 25 years, we would do it all again. We’ve had such a great life together as a married couple, and we also see wonderful futures ahead , as parents, friends, partners in ventures and projects, and as individuals pursuing ventures and adventures. Though the labels might be different, we remain a family, and we remain cherished friends」

「長い期間、思いやりを持った探り合いと裁判をしてきましたが、私たちは離婚し、友人として共有生活を続けることにしました。私たちはお互いの存在を発見できたことが信じられないほど幸運であり、深く感謝しています。25年前の私たちが25年後に別れることを知っていたとしても、私たちは結婚していたでしょう。私たちは結婚という形をとったカップルとして一緒に素晴らしい人生を過ごしてきました。そしてこれからの私たちは、友人、ベンチャーとプロジェクトのパートナーとして、そして冒険を追求する個人として素晴らしい未来があります。ラベルは異なるかもしれませんが、私たちは家族のままであり、私たちは大切な友人のままです」

pic.twitter.com/Gb10BDb0x0

— Jeff Bezos (@JeffBezos) 2019年1月9日

amazon-jeffrey-preston-bezos-divorce1

・、ネガティブに心配することはない?
今後、この離婚が「アマゾン」グループにどのような影響をもたらすか不明だが、少なくとも悲観するような離婚ではないようなので、ネガティブに心配することはないかもしれない。

・離婚により半分近い資産が妻に移行か
ちなみにジェフ・ベゾス氏は、2018年のデータによると1120億ドルの資産を持っているとされている。よって、離婚によりその半分近い資産が妻に移行する可能性がある。

もっと詳しく読む: アマゾンの一番偉い人が離婚 / ジェフ・ベゾス会長「25年連れ添った妻と離婚」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/01/10/amazon-jeffrey-preston-bezos-divorce/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。