ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

[大根の簡単レシピ]余った大根が酒の肴に変身!絶品大根餅2選

[大根の簡単レシピ]余った大根が酒の肴に変身!絶品大根餅2選

余った大根に、材料をまぜて焼くだけで、簡単にできる大根餅。酒の肴にぴったりなレシピをご紹介します。

大根餅とは?

大根餅は、中華料理の点心のひとつ。刻んだりおろしたりした大根を米粉や小麦粉などに練り込み、平たく広げてから両面をカリッと香ばしく焼き上げたものです。

定番から豚肉入りの五目風まで、大根餅レシピ2選

調理はとても簡単!家族で一緒に作って、酒の肴やおやつとして味わってみましょう。

定番の大根餅

ごま油の風味が食欲をそそる!   

定番の大根餅のレシピ

材料(4人分)   

大根:約200g(約1/3本)

ごま油:適量

水:大さじ1

[A]   

片栗粉:大さじ2

小麦粉:大さじ2

いりごま:大さじ1

ネギ(みじん切り):適量

塩:適量

[B]   

砂糖:大さじ1

酒: 大さじ1

醤油:大さじ1

みりん:小さじ1

作り方   

大根はすりおろし、水気を軽く絞る。

ボウルに1とAを入れ、よく混ぜ合わせ、8等分にして丸め、平らにする。

フライパンにごま油を熱し、2を弱火でじっくり焼く。薄く焼き色がついたら裏返し、スプーンで中央を押さえてへこませる。水を回し入れてふたをし、弱火のまま蒸し焼きにする。

焼き上がったらふたをとり、混ぜ合わせたBを回し入れる。両面に絡めて、照りがでたら完成。

五目風大根餅

いろいろな具材を入れてボリューム満点。   

五目風大根餅のレシピ

材料(4人分)   

大根:約500g(約2/3本)

豚ひき肉:100g

桜えび:5g

干し椎茸:4枚

ネギ(みじん切り):1/2本分

ごはん:100g

上新粉:200g

片栗粉:20g

サラダ油:大さじ1

ごま油:適量

[A]   

酒:大さじ1と1/2

醤油:大さじ1と1/2

塩:小さじ1

砂糖:小さじ1

作り方   

半量の大根(250g)をすりおろしてザルに上げ、水切りする(切った汁は取っておく)。残りの半量は、拍子木切りにする。

干し椎茸は、水に戻してみじん切りにする(戻し汁は取っておく)。

フライパンに油大さじ1を熱し、ネギを炒める。香りがたったらひき肉、2を入れ、ひき肉の色が変わり、ポロポロになるまで炒める。

3に桜えび、拍子木切りした大根、大根のおろし汁100ml、椎茸の戻し汁100ml、Aを加え、大根がやわらかくなるまで煮る。

ボウルに上新粉、片栗粉を入れてよく合わせ、大根おろし、4、ごはんを加えてよく混ぜてなじむまで少しおく。

5を8等分にし、丸めて形を平たく整える。

フライパンにごま油を熱して6を中火で焼き、焦げ目がついたら裏返し、ふたをして弱火でじっくり蒸し焼きにする。

大根があれば、すぐに作れる大根餅。組み合わせる具材をアレンジして、いろいろな味の大根餅を作ってみてください。

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

ほぼ一年中出回っていますが、旬は晩秋から初冬。大根の辛みには胃液の分泌を高め消化を促す働きがあるほか、胃腸の働きを助ける数種類の消化酵素も含まれています。旬の時期にはたっぷり味わいたい、体にうれしい野菜です。

最終更新:2019.01.09

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:
JAなんすん(定番の大根餅)
JAいるま野(五目風大根餅)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき