ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米津玄師、カラオケDAM/JOYSOUNDの2社による目次本の表紙に

 米津玄師が、カラオケDAM/JOYSOUNDで展開される新曲目次本の表紙とポスターを飾る。

 これまで同時期を同じアーティストが表紙を飾ったことはなかった企画だが、この度、米津玄師が2019年1月度の表紙をダブルで飾ることが決定。先日発表された、DAMとJOYSOUNDそれぞれの2018年カラオケ年間ランキングで、楽曲部門を「Lemon」、アーティスト部門を「米津玄師」で共に1位を獲得。JOYSOUNDでは2018年発売曲ランキングでも1位を獲得し、3冠を米津が達成している。これらの受賞を記念して、今回、2社の表紙を同時期に飾ることとなった。

 そして、JOYSOUNDでは12月25日より3冠を記念したキャンペーンがスタート。DAMでは、11月15日からスタートしているライブグッズが抽選でプレゼントされるキャンペーンが12月27日まで展開され、12月28日より新たなキャンペーンもスタートする。

◎企画情報
■DAM 特設ページ
URL:https://bit.ly/2T305TA
■JOYSOUND 特設ページ
URL:https://bit.ly/2Ad9QHS

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Flamingo」が4度目の首位、星野源「Pop Virus」はリリース前から9位に
眉村ちあきがソフトバンク新CMに出演、“米津玄師”と勘違いされる“新米教師”を演じる
米津玄師、“今年を象徴する曲”「Lemon」200万ダウンロードを突破

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。