ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

描いた絵が立体化してヒーローに! バンダイがリアルとバーチャルを融合したアプリ連動カードゲームを発売へ

バンダイは、専用カードにドットで描いたヒーローがスマートフォンのアプリ内で立体化されるカードゲーム『クラフトカードゲーム ドットヒーローズ』を2019年3月より発売します。カードは全40種で、3枚1セット240円(税込み)。あわせて同名の専用アプリ(基本プレイ無料/アプリ内課金あり)をリリースし、アプリ内でカードパックを購入することでも楽しめます。

『クラフトカードゲーム ドットヒーローズ』は、リアルとバーチャルを融合させ、“自分が描いたドット絵のヒーローが動き出す”少年たちの夢がつまったカードゲーム。

19×19のマス目状の部分に、色鉛筆やカラーペンなどでオリジナルヒーローのドット絵を描き、専用アプリのカメラモードでスキャン。

すると、描いたヒーローが自動的に立体化。使用した色やその比率が、ゲーム内でのヒーローの属性や強さ(ステータス)に影響します。カードには4つのレアリティがあり、レアリティが高いと、アプリで読み込んだ際により強力なドットヒーローが生まれます。

ユーザーは「地球に次々と襲来するモンスターを倒し、地球を救う」というミッションをクリアするため、作成したドットヒーローでアプリ内のモンスターとバトルを楽しみます。

バンダイによると、主なターゲットは小学校中~高学年の男子。今後も、ユーザーが自由な発想で描いたカードを使ってアプリで遊べる『クラフトカードゲーム』シリーズを順次拡大させていくとしています。

(c)BANDAI

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき