ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ピクサー展覧会がアジア初上陸!「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」2019年4月六本木ヒルズで開催

2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)までの期間、ピクサー・アニメーション・スタジオの映画を生み出す<技法と科学>に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」の開催が決まりました。
会場は六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで、5か月間とロングラン!

この展覧会は、もともと「The Science Behind PIXAR」と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催され、その後アメリカおよびカナダで140万人以上(合計8か所)を動員した大人気の展覧会。今回の東京シティビューでの開催はアジア初となり、まさしく待望の展覧会です。

「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」は、実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通して、PIXARアニメーションを支える科学について学べるハンズオン展示。モデリングやリギング、アニメーションといった専門的な知識や技術を、あの『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』など、PIXARアニメーションの人気キャラクターを使って体験することが可能で自由研究などにもおすすめだという。

筆者は『ファインディング・ドリー』の日本公開の前にピクサー・アニメーション・スタジオを訪れ、技術者のみなさんを取材したことがありますが、ドリーやニモ、ハンクたちが生み出されていく過程を簡単ですが学び、ピクサーの技術力に驚いたことがあります。その専門的な知識や技術を学び、体験可能な展覧会ということで、非常に貴重な機会となりそう!

また、広義のディズニーを追いかける「dpost.jp」を運営するジャーナリストの宮田健さんが、早速本展覧会を私見を交えて紹介をしていますが、

https://dpost.jp/2018/12/11/wp-45805/ [リンク]

確かに、昨今の日本のディズニー関連のアート系イベントは「物販イベントかよ!」となっていることが少なくないので、筆者はそれほど技術に詳しくはないものの、硬派なファンの人たちも満足するような硬派な展覧会を期待しますね。でも、いいグッズがあったら買うけどな!うわははは!

会期中の2019年7月12日(金)、いよいよトイ・ストーリーの次なる冒険『トイ・ストーリー4』の日本公開も控えるPIXARだけに、この機会に、その魅力を紐解く本展覧会はマストGO! 詳細・続報を待ちたいです!

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」開催概要

会期:2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52 階)
主催:東京シティビュー、NHKプロモーション
企画制作 :ドリームスタジオ
特別協力 :ウォルト・ディズニー・ジャパン
入場料:一般 1,800 円、高校生・大学生 1,200円、4 歳~中学生 600円、シニア(65歳以上)1,500円
公式サイト :まだなし
問い合わせ :03-6406-6652(東京シティビュー)

『PIXAR のひみつ展』はボストンサイエンスミュージアムが PIXAR との協力により開発したものです。
The Science Behind Pixar was developed by the Museum of Science, Boston in collaboration with Pixar Animation Studios. © 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき