ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

レンジなし店舗「Amazon Go」のミニバージョン、シアトルのオフィスビルに出店

Amazonのレンジなし店舗「Amazon Go」は、数日分の食材を買い込んだり、商品をじっくり吟味したりといった種の店ではない。手っ取り早くランチやスナックを手に入れるためのコンビニのような存在だ。

だからこそ、レジなしというスタイルなのだが、そうした特徴を考えた時に、オフィスビルに出店するというのは何ら不思議はない。Amazonはこのほど、米シアトルのオフィスビルに、従来のGoよりも小さいタイプを出店した。

・ランチ需要に対応

このミニタイプは約41平方メートルで、これまで展開してきたGoの4分の1ほど。しかも、オフィスビルの中に位置し、ビルへのアクセス権がある人しか利用できない。

つまり、基本的にはそのオフィスで働いている人向けの店舗で、扱っている商品もサンドウィッチやサラダなどランチ需要に対応するものがメーンだ。

・必要なのはスマホだけ

どの都市でも、オフィス街の飲食店はランチ時に込み合うこと必然で、買って済ませるにしても精算のためにレジに並ぶことになる。しかし忙しいビジネスパーソンの多くは、できればランチはさっと済ませたいと考えていて、そうした需要をとらえたのがこのミニバージョンだ。

Goはコンピュータービジョンやセンサーなどをフル活用していて、文字通りGrab&Go(持って立ち去る)スタイル。ただ必要なのはアプリをダウンロードしたスマホだ。

オフィスビルはもちろん、急いでいる人が多い駅や空港などでもこうした店舗の需要はありそうだ。

Amazon

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき