ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

実は戦歴68勝の現役ボクサー 『クリード 炎の宿敵』でドラゴの息子を演じるフロリアン・ムンテアヌ

『ロッキー』シリーズNo.1ヒットとなった『クリード チャンプを継ぐ男』(2015年)。その続編『クリード 炎の宿敵』より、主人公アドニスと対峙するヴィクター・ドラゴをフィーチャーした特別映像が到着しました。

ヴィクターは今作でアドニスとその師匠ロッキーの前に立ちはだかる最強の宿敵であり、かつてアドニスの父親であるアポロ・クリードの命を奪ったイワン・ドラゴの息子。演じるのは、68勝10敗の戦績を誇るルーマニア出身の現役ヘビー級ボクサー、フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ

『ロッキー4/炎の友情』でイワン役のドルフ・ラングレンを見出したシルベスター・スタローンが、世界中の俳優やアスリートの中から数か月かけて検討した末にキャスティングし、今作で俳優デビューを果たしたハリウッドアクション界の注目株です。

映画『クリード 炎の宿敵』特別映像【ヴィクター・ドラゴ編】(YouTube)
https://youtu.be/ybtX6qJlTa0

古びたアパートから街を眺め、エレベーターに乗り込むムンテアヌの姿から始まるこのたびの映像。予告編でも使用されていたDMXの『Who We Be』に合わせ、彩度を落としたムンテアヌのトレーニング風景と本編のシーンが交互に映し出されます。

本編の映像には、息子のサンドバッグを支え、厳しい目でトレーニングの様子を見つめる父イワンの姿も。屋上でのシャドーボクシング、重りやバトルロープを使ってのハードなトレーニングに重ねて紹介されるムンテアヌのプロフィール……身長6’4”(193cm)、体重245LBS(111kg)、リーチ79”(200cm)という驚異的な数値は、さすが現役ボクサーと言わざるを得ません。

アドニスと向き合うシーンでの圧倒的な体格差は、ラングレンが「マイケルとスタローンは大体同じ体格で、フロリアンと私は身長が同じなので、肉体的な対比も同じようなものになる」と語るように、かつてロッキーとドラゴが対峙した姿を思い出させます。ムンテアヌは撮影当時27歳で、「彼は私がイワンを演じたときと同じ年齢だし、二人ともヨーロッパ出身。10歳でトレーニングと格闘技を始めたのも同じだ」と共通点も明かしています。

“家族”がメインテーマとして扱われる本作において、ドラゴ親子の物語がどのように描かれるのかも注目です。『クリード 炎の宿敵』は、2019年1月11日(金)より全国ロードショー。

(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき