もう『Prime Video』専用端末にしてもいいんじゃないか 10.1インチタッチスクリーン搭載スマートスピーカー『Amazon Echo Show』レビュー

access_time create folderデジタル・IT

Amazonが12月12日から出荷を開始したスマートスピーカー『Amazon Echo Show』(以下『Echo Show』のレビューをお届けします。

国内初登場の『Echo Show』 外観をチェック

『Echo Show』は、10.1インチのタッチスクリーンを搭載したAlexa対応のスマートスピーカー。国内では丸い小型スクリーンを搭載した『Echo Spot』が発売されていましたが、『Echo Show』は第二世代で国内に初登場となります。

本体背面にはファブリック素材を使用し、内部に2インチのネオジムドライバーを2基とパッシブ・バス・ラジエーターを搭載。Dolbyプロセッシングを採用し、迫力ある低音と鮮明な高音の再生が可能。背面がくさび状にすぼまった形状なので画面が薄く見え、正面から見て圧迫感のない印象を持たせています。

画面上部に音量ボタンとスピーカーのON/OFFボタンがあるだけで、後は音声とタッチパネルにより操作します。電源ボタンはなく、背面にACアダプターを接続すると電源がONになります。ACアダプターの端子を奥までしっかり押し込まないと電源が入らないので、最初は若干注意が必要です。

簡単なセットアップで使用可能に

初回起動時は言語を選択し、Wi-Fiを設定してからAmazonアカウントでログインして設定が完了します。ソフトウェアキーボードは、テーブルに置いて両手で操作しやすいセパレート型のキーボード。底面にはゴム素材を使用しているので、置いた状態で安定して操作することができます。

スマートスピーカーで“分かること”や“できること”が大幅に増えた

設定できたのでさっそく「アレクサ、今日の天気は?」と話しかけてみます。その日の天気と最高気温・最低気温を音声で回答しつつ、画面にも週間天気などをビジュアルで表示。音声より情報量の多い天気予報が確認できます。

「アレクサ、水を注文する」「アレクサ、カップラーメンを注文する」と話しかけると、Amazonの検索結果上位の商品を表示。「これを購入」をタップして購入したり、「カートに追加」をタップしてショッピングカートに追加することができます。

カートに追加した商品はAmazonのアプリやウェブサイトで確認してからも注文できるほか、『Alexa』アプリでチェックした商品を確認できます。『Echo Show』から商品を探すのは難しいですが、決まった物を注文するのはステップが少なく済みそうです。

スクリーンが付加価値を生んでいるのが、音楽の再生。『Amazon Music』で音楽を再生すると、対応する楽曲では画面に歌詞が表示されます。『Amazon Echo』と比べてサウンドはクリアかつパワフルで、視覚・聴覚共に大幅に表現力がアップする印象。

「アレクサ、Firefoxを開いて」と話しかけると、ウェブブラウザ―が利用可能。Google検索で検索したりURLを入力して、大画面でウェブサイトを閲覧することができます。『YouTube』も『Firefox』から利用が可能。

音声操作した結果の画面は、そのまま表示された状態になります。ホーム画面に戻るには、「アレクサ、ホームに戻って」と音声操作するか、画面を上から下にスワイプして表示されるメニューから「ホーム」をタップします。メニューでは明るさやアラームの設定、スマートホーム機能による照明の設定やZigbee対応機器を使った定型アクションの設定が可能。

スクリーン対応のスキルはまだ少数

『Echo』シリーズには、様々な機能やサービスを『Alexaスキル』という形式で追加することができますが、既にスクリーンに対応した『Alexaスキル』がいくつか提供されています。

『NHKニュース』は、動画形式のニュースを提供。「アレクサ、今日のニュースは?」と話しかけて再生されるフラッシュニュースの1コンテンツという位置づけになりますが、この部分だけ見るとテレビでニュース番組を見ている気分に。今後、動画に対応するニューススキルが増えることで、よりリッチなニュースの視聴体験が期待できます。

『クックパッド』は材料や調理法でレシピを選び、画面に表示可能。『DELISH KITCHEN』ではレシピ動画を見ることもできます。

『出前館』ではメニューを見ながら注文して、決済にAmazon Payが利用可能。

スクリーンをうまく生かしたスキルはまだそれほど数は多くないですが、今後のラインアップ充実に期待したいところです。

これぞ本命! 『Prime Video』との相性が抜群

『Echo Show』で最も注目できる機能が、『Amazon Prime Video』(以下『Prime Video』)への対応。『Echo Spot』の発売時点では対応していませんでしたが、『Echo Show』出荷のタイミングでスクリーン搭載の『Echo』製品が『Prime Video』を再生できるようになったのです。

「アレクサ、Prime Videoを見せて」と話しかけると、『Prime Video』が起動します。今のところ「Prime Videoを開く」「Prime Videoを再生する」と話しかけても起動できないようなのでご注意を。

メニュー画面から「Prime Original」「Prime 映画」「Prime TV番組」を選択するとコンテンツの一覧を表示。タイル状で見やすく、選びやすいUIが採用されています。

タイトルを知っていれば「アレクサ、Prime Videoでドキュメンタルを再生して」と音声操作で再生できるほか、「10秒進めて」「1分戻して」と再生操作を音声で操れるのがなかなか便利。

10.1インチの画面は、1人か2人で見るには十分なサイズ。机やテーブルに置くと、座ったときにちょうど見やすい角度に画面が向き、どっしりと安定して置けるので安心感があります。そしてスピーカーからは迫力あるサウンド。タブレットで試聴するのとは別格の視聴環境が実現します。もう『Prime Video』専用端末にしてしまってよいのでは、と思うぐらい快適でした。

ビデオ通話やメッセージの受信に対応

前面には500万画素のカメラを搭載。スマートフォンの『Alexa』アプリで「呼びかけ」を実行すると『Echo Show』がビデオ通話モードになり、スマートフォンと『Echo Show』の間でビデオ通話ができるようになります。『Echo Show』同士、あるいは『Echo Show』と『Echo Spot』の間でもビデオ通話が可能。

プライバシーが気になる場合は、『Alexa』アプリから『Echo Show』の呼びかけへの対応をOFFにできるほか、『Echo Show』を“おやすみモード”に切り替えることで一時的に呼びかけを無効にできます。

スマートフォンの『Alexa』アプリから、テキストメッセージを送信することも可能。メッセージを受信した『Echo Show』は、内容を音声で読み上げてくれます。家族への伝言メモに活躍しそうですね。

『Echo Show』は、本体カラーがチャコールとサンドストーンの2種類をラインアップ。価格は2万7980円(税込み)です。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧