ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

動画:電気ショックの罠肉をなんとしても食べたいヒグマのビビリっぷりがほぼほぼ人間

ヒグマとの不意の遭遇による事故を減らすための熊よけの罠を考えついた研究者が、交通事故で死んだ鹿の肉に電気ショックの罠を仕掛けて様子を観察してみました。なんとしても罠肉を食べたいヒグマが見せた驚きの行動とは? ぜひ動画でご覧ください。

動画:Bears in the Modern World – Electric Deer(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=pdM9YOYrcbs[リンク]

交通事故で死んだ鹿の肉に、電気柵に使われるバッテリーを接続して、触るとビリッとくるようにしてみました。そこへさっそくヒグマが現れて……。やや警戒しながらガブッ!としたらビリッ! かわいそうに、森の奥へ逃げていってしまいました。これでもう痛い目にあったこの罠肉の近くには近寄らないようになって、実験は成功したかに見えたのですが……。

しかしヒグマは諦めません。夜になってからまた現れました。昼間よりもさらに警戒して、口先でちょっとだけかじってみます。でもやっぱりビリッ! これでもう十分でしょう?

まだまだヒグマは諦めません。もう空も白んできたというのに、罠肉のそばに這いつくばってじっと様子をうかがいます。なんという執着心の強さ! そして注目の行動はここから。「さっきからチカチカいってるコイツからニンゲンのニオイがするな……」と怪しんだのか、バッテリーをガサゴソ動かして、狙ったのか偶然か、鹿肉との接続が切れてしまいました。

後ろ足で立ち上がり、腰が引けながら“手”でチョンチョンと触って危険を確かめようとします。中に着ぐるみ役者でも入っているのかと思うほど人間っぽい仕草! 最後は木の後ろから様子をうかがいつつ、思い切って引っ張り鹿肉を持ち去ることに成功。

とても賢く執着心の強いヒグマには、そこにエサがある限り、電気ショックの罠もあまり効果がないようです。ヒグマが興味を示した“獲物”を取り返そうとしてはいけないという教訓の意味もこれではっきりしました。時々人身事故が発生している北海道のヒグマについても、電気柵の下を掘り返して侵入してくるとか、エサで誘引する箱罠はリスクが高いとの指摘があります。猛獣との付き合い方について改めて考えるきっかけを与えてくれる動画でした。

画像とソース引用:『YouTube』及び『いらすとや』より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき