ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

梨花さんプロデュースのショップ「Maison de Reefur」に行ってみた

モデルの梨花さんがプロデュースする、代官山のライフスタイルショップ「Maison de Reefur(メゾン ド リーファー)」。4月14日のオープンから1週間で1万人以上が来店し、今も連日多くの人が訪れています。

こちらは、梨花さん初のオリジナルブランド『リーファー』とウェディングブランド『ボヌール エ レーヴ ドゥ フィーユ』を中心に、自身がセレクトした雑貨やコスメも勢ぞろいしたショップ。

梨花さん自身が第一子を出産したばかりということもあり、赤ちゃんのお洋服や、ベッドリネン、タオル類も充実。

現在発売中の雑誌『anan』の「世界が仰天!! KAWAII JAPAN」特集にも、“大人カワイイ”のお手本としてこの「Maison de Reefur」が紹介されています。

オープンから3週間経ったこの日も多くの女性がお買い物を楽しんでいました。店内は撮影禁止なのですが、トルソーに飾られたワンピースや可愛い小物が並べられ、ディスプレイ自体が可愛いので眺めているだけでも楽しい気持ちに。

また2階には、表参道に「Lotus」や「montoak」を開業し、飲食店のみならず様々なデザインを手がける空間プランナーの山本宇一さん監修のカフェ「Rosalie(ロザリー)」が併設。

お買い物に疲れた体に嬉しいスイーツや、体に優しい和定食、クスクスやパスタなどのランチメニューも充実しています。

鯛の味噌漬け定食1,500円。柔らかく焼かれた鯛が美味しく、
体に優しい味がしました。オープンから13時過ぎまではずっと混み合っていますが、14時を過ぎたあたりから空いてくる様なので狙い目かも。

柔らかな布製のショッパーも可愛い! エコバッグやサブバッグとして使えそうです。

全体的にナチュラルでリラックスしたアイテムが多かった「Maison de Reefur」。フラットシューズの取り扱いなど、妊婦さんに嬉しい品揃えなので、梨花さんみたいにオシャレなママを目指す方は注目です。

「Maison de Reefur」
http://www.maisondereefur.com/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy