ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】コブクロ『ALL TIME BEST 1998-2018』が104,515枚を売り上げ現在首位 ジャニーズWESTが続く

【先ヨミ】コブクロ『ALL TIME BEST 1998-2018』が104,515枚を売り上げ現在首位 ジャニーズWESTが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2018年12月3日~12月5日の集計が明らかとなり、コブクロ『ALL TIME BEST 1998-2018』が104,515枚を売り上げて首位を走っている。

 本作は、結成20周年を迎えたコブクロ初のオールタイムベストアルバム。全シングルの表題曲はもちろん、隠れ名曲や豪華コラボ曲など、全58曲が収録された大ボリュームの作品となっている。

 2位は、ジャニーズWEST『WESTV!』。通算5枚目となる今作には、映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?』主題歌「プリンシパルの君へ」や、アニメ『キャプテン翼』のオープニング・テーマ「スタートダッシュ!」が収録されている。続く3位は、MAG!C☆PRINCEの2ndアルバム『B e l ! e v e r』。本作は、2017年1月にリリースされた1stアルバム『111』の初週売上18,492枚を上回る20,267枚を既に売り上げている。

 5位には、人気ゲームアプリ『アイドリッシュセブン』シリーズのユニット・Re:valeの『Re:al Axis』がチャートイン。本作には、ゲーム内でお馴染みの楽曲に加え、いきものがかりの水野良樹が提供した新曲「激情」が収録されている。本作は現時点で18,506枚を売り上げており、4位の『MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼』との差は僅か100枚。週間チャートでは、順位に変動があるのか注目したい。

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2018年12月3日~12月5日)
1位『ALL TIME BEST 1998-2018』コブクロ(104,515枚)
2位『WESTV!』ジャニーズWEST(79,820枚)
3位『B e l ! e v e r』MAG!C☆PRINCE (20,267枚)
4位『MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼』MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼(18,606枚)
5位『Re:al Axis』Re:vale(18,506枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

コブクロ、メジャーデビュー以降の全楽曲ストリーミング解禁
コブクロ、16年ぶり『オールナイトニッポン』パーソナリティ決定
コブクロ、初のフルオケコンサートをNHK総合&BS8Kで放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy