ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6年勤めたNTTを退職しました(ソフトウェアトランザクショナルメモ)

6年勤めたNTTを退職しました

今回はくまさんのブログ『ソフトウェアトランザクショナルメモ』からご寄稿いただきました。

6年勤めたNTTを退職しました(ソフトウェアトランザクショナルメモ)

最終退社時の自分の机

最終退社時の自分の机

 
2012年に修士卒からの新卒でNTT研究所に入り、6年間お世話になりました。
研究所では同期や先輩や後輩や上司に恵まれ、存分に書籍や論文を読んで勉強して力を蓄えたり、対外的な発表の場にも恵まれ外ではできないような体験をすることができました。
ありがとうございました。
入社当時に作られたtogetterを見返すと

「社会人一年生kumagi 4月編」『togrtter』
https://togetter.com/li/293846

「社会人一年生kumagi 5月病編」『togrtter』
https://togetter.com/li/296160

まるで昨日のように感じられる。
NTT社内で僕が何をやっていたかについては言える物は軒並みアウトプットされているのでわざわざここでは触れない。

NTT研究所について

NTT研究所を客観的に見た時にどうかを書いていく

とにかく人に恵まれている。採用の倍率が高いのもあって潤沢な学生エントリーからよりすぐりのエリートが謎の力でポテンシャルを見極められて採用されている。同期を見てひと目ですごい奴も居れば、一見してわからない人も居て、それでもよく話してみると何かしら納得のいく能力を持ち合わせている。上司も観測範囲ではほとんどハズレの話も聞かず、僕に限って言えば常時よい上司に恵まれていた。まぁ周りを見ると延々と他人を中傷し続けて毒をばらまく声のでかい人もいたが…。

また、研究の設備も予算も(おそらく国内では相対的には)潤沢で、少し社内を冒険してみるとびっくりするような市場価格の製品が研究用としてゴロゴロ転がっており、まず資金面において他ではできない研究をさせてもらえる。また、必要とあれば作業請負などでソフトウェア開発力を外注したりして個人ではできないパワーを発揮する事も可能である。

研究に対する考え方も柔軟で、一般に企業の研究というとふた言目には「で、それでどうやってお金を稼ぐの?」と問い詰められるのが普通だが、NTT研究所の場合は「どう稼ぐかは考えてないけどこれでこの分野では世界最速になれます」「トップ学会通します」など光る物をアピールできればすぐには金金言われずにのびのびと研究ができる(部署にも拠るが)。基礎研究の重要性を理解するありがたい組織である。何なら毎年ずっと「うちは5年後の未来を作っている」と言い続けている部署すらあり、1年経っても「4年後の未来を作っている」に変わらないのは美しくさえある。

成果の判定も多様で、論文や事業成果というのももちろん重要な貢献とみなされるが、例えばこういう形での活動(イベントでの登壇や技術のアピール)も貢献としてカウントされる。

「本当は恐ろしい分散システムの話 from Kumazaki Hiroki」『slideshare』
https://www.slideshare.net/kumagi/ss-81368169

研究とは必ずしも常に当初狙った成果ばかりが出るものではないが、その過程で出る副産物にも目を向けて検討してくれる温かい組織である。

遵法意識はむしろ社員が窮屈に感じるほどに高く、フレッツ光ネクストの開発の頃などに残業三昧で深夜まで働き続けたなんてのはもはやお伽話の世界の話になっている。こんな話*1 とか今ではもう見かけることすらないだろう※1。深夜勤務も余程の事情がなければ発生せず、仮に発生してもきっちり深夜手当が支払われる。何なら時折労働組合が22時以降に抜き打ちで職場を徘徊して黙って深夜勤している人がいないかを確認しており何度か僕も参加したが一度もそのような現場には居合わせたことがない。当然サビ残なんてものもありえず、もしそれをやろうもんなら後から追っかけで検出され給料が支払われる。最近だと土日に社内システムに接続してちょっと作業(メール返信など)を行った事をも「休日勤務」とみなすべきだとして過去数年の記録に照らし合わせて社内で大幅な見直しが行われ、手間的な意味で大変な目に遭ったが、これも遵法意識の高さがなせるわざだろう。

*1:「クニーさんのTweet」2018年11月23日『Twitter』
https://twitter.com/LeftSystem/status/1065923653966000129

最高なのが研究員のほとんどは裁量労働制で、成果さえ出ていれば出社している時間帯は問われず、残業代も出ない一方で1日の平均労働時間が7.5時間を大きく下回っていても問題にならないことである。僕なんかは朝弱いのと基本的に一人プロジェクトだったのもあって昼出勤夕飯退勤で毎月の残業時間はマイナス40時間ぐらいだったがそれを起因にした減給は一切ない※2。

研究環境としても、基本的に市販の本や論文が読み放題で、静かに読むための場所(空き部屋)にも恵まれている。机の広さも写真の通り余裕があり、コンピュータも予算内で好きなだけ強力な物を調達可能で、僕はCore i7 8700+64GBメモリ+GTX1080+30インチディスプレイ2枚という贅沢な環境にLinuxを入れて生活していた。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy