ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【白チョコ派によるブルボン『ホワイトフェア』食べ尽くし!】ロアンヌ/エリーゼ/アルフォート/ルマンド/シルベーヌ/ふんわりチョコバーム/じゃがチョコ/チーズおかき

 

冬になると日々が楽しくなるのがホワイトチョコ派。冬=雪=白という公式などどうでもいい。とにかく白チョコ製品が店頭にずらりと並ぶこの季節こそハイシーズン。さらに白チョコ派と地続きで存在している白クリーム派にとってもうれしい季節で、記者は両方の派に属する。そして10月30日からは質実剛健スイーツ菓子メーカー・ブルボン『冬期限定ホワイトフェア』を開催しているというので、ずらりと並べて食べ比べてみた。

 

どれもこれも真っ白な魅力に溢れた冬期限定の顔、顔、顔。もうほころばずにはいられない!

ホワイトチョコは一般のブラック〜ブラウンより希少価値がある。というのは製造工程で、チョコレートの原料であるココアバターから苦味の元になる褐色部分を除去して作られるから。チョコ特有の苦味はもちろん美味しい時もあるのだが、やはり油分が多く、ミルク成分添加のために童心をくすぐる味わいはファンにとっては非常に魅力だ。

しかしメインストリームは黒チョコ。たまに白いフォルムを見かけて「おっ」と思うと、意外にチーズケーキ仕立てだったりして、冬以外はなかなか主役の座に躍り出ることは少ない。

 

 

ブルボンもたくさんのケーキ感溢れる人気洋菓子シリーズを世に送り出しているが、ほぼ全てが黒チョコメインの商品。ただ今回のように『冬期限定ホワイトフェア』とはいえ、白チョコ・白クリーム製品をずらりと揃える「ホワイトフェア」となかなかに壮観だ。ではそれぞれを実際に味わい尽くしてみよう。

 

 

白、白、白? 想定外の仲間も入ったブルボン・ホワイトフェアの全貌がここに!

 

『じゃがチョコホワイト』

36g・希望小売価格 税抜 140円・2018年10月30日発売 販売チャネル:コンビニエンスストア、量販店、ドラッグストア、小売店、売店など

 

コーンやクッキーなどの小麦粉ベースで作られるチョコスナックの常識を覆した「じゃがチョコ」。ポテトに思い入れのない記者としては、そうまでしてポテトで食べたいものかと首を傾げてしまいたくもなるが、実際に食べると塩を添加することでそこそこ甘じょっぱい美味しさがあるので、ついつい食べてしまうもの。

それがホワイトチョコ化。甘じょっぱいホワイトチョコというのはなかなか想像がつかないが、実際に食べてみると、うん、無しではない。ポテトの旨味と塩加減にホワイトチョコが入ってくると、どこかのヨーロッパの古き良き村で伝統的に食べられているような感覚にも一瞬陥ることができる。なるほど…。

 

 

『ルマンドホワイト』

11本入個別包装・希望小売価格 税抜150円・2018年10月30日発売 販売チャネル:コンビニエンスストア、量販店、 ドラッグストア、小売店、売店など

普段はココアクリームをまとったパープルカラーのパッケージと個別包装でおなじみの「ルマンド」もホワイト化。薄いクレープ生地をソファの隙間にボロボロこぼすことを恐れて、吸い込みながら食べて、細かいかけらが喉にまで入り込んでむせてしまう、アレである。昭和49年生まれの老舗菓子なので、懐かしさを覚える人も多いだろう。

それがホワイト化となったのはもちろんコーティング・クリームの部分。クレープ生地といえば生クリームは親戚のような存在なので、合わないわけがない。というか、むしろこちらの方が自然と言い張りたい。

 

 

ボロボロかけらを落としながら食べていると、柔らかなミルク風味が広がってたまらなく美味。ただもう少しクリームを増量してもらっても一向に構わないと思った。

 

 

『シルベーヌホワイトショコラ』

6個入・希望小売価格 税抜300円・2018年10月30日発売 販売チャネル:量販店、ドラッグストア、小売店、 売店など

何の因果か、昨年は出会えなかったこの白シルベーヌ。もちろん原型はチョコレートケーキそのものの厚手の黒チョココーティングで重厚さを醸し出すミニケーキな製品。チョコレート好きの人に関しては、皆全てをチョコレートで覆われているこのフォルムに感動するのではないか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy