ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】3分トークから始まる新たな恋愛!第4世代恋活マッチングアプリ「LiveDuo」に密着

「出会いがない」と嘆く男女の救世主、マッチングアプリ。現在は3つに分類され、好みの異性を検索する“第1世代”、検索よりも直感的にマッチングする〝第2世代“、すぐデートにつなげられる“第3世代”が存在する。しかし、いずれも相手を見つけるまでに手間がかかったり、安全面に不安があるなど、それぞれが課題を抱えている状況だ。

そこで登場したのが、この第4世代恋活アプリ「LiveDuo」。最大のメリットは、思い立ったらその場で、相手と会話ができること。3分間話すことで、相性のいい相手を効率的に見つけられる、まさに次世代と呼ぶにふさわしい、マッチングサービスだ。

提供元は、今夏スタートしたばかりの企業LiveDuo。代表取締役の比留間 大地(ひるま だいち)氏に、話を聞いた。

・実際に会う前にお互いの相性がわかる

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

私は、大学にはほとんど通っていなかったのですが、仮にきちんと通学したとしても、実質男子校ですから、出会いもありませんでした。そんな私にとって、恋愛の基軸は、マッチングアプリだったのです。

人生2人目の彼女はマッチングアプリ、3人目の彼女も、マッチングアプリです。そして、まだ出会っていない次の4人目の彼女も、もちろん、この「LiveDuo」で作ります(笑)。余談ですが、CCOとは、「LiveDuo」以外で彼女を作ったら、罰金100万という契約をしています(笑)。

さて、マッチングアプリを使っていくうち、強く実感した問題点が一つありました。それは、「結局話してみないと、相性なんてわからない」ということです。(中略)お互いに貴重な時間を削ってまで、デートする必要はありません。3分話せば、(相性は)わかります。そんな非効率なオンラインの出会いを、アップデートしたい。それが「LiveDuo」を作った、一番の動機でした。

Q2:「Live Duo」とは、どんなサービスなのでしょうか。数あるマッチングアプリとの決定的な違いと併せて、お話しください。

「LiveDuo」が、他のマッチングアプリと決定的に違う点は、ランダムに異性のユーザーがサジェストされて、その場で3分デート(通話・ビデオ通話)ができてしまう点です。この3分デートは、初デートのように甘味で、非常に刺激的で、忘れられない体験となります。(中略)

さらに、出会いまでのプロセスも、大きく変わります。(中略)「LiveDuo」なら、実際に会う前に、お互いの相性がわかります。「いいな」と感じてから初めて、リアルなデートが実現するのです。

ふと、何か楽しいことがしたくなる帰り道や、急に人恋しくなる就寝前、誰かと話したくなるひとり飲みの時間。今まで、そういった時間帯のドキドキ感は、恋人の専売特許でした。しかし、「LiveDuo」があれば、いつでもどこでも、恋人がいなくても、ふとした瞬間に、初デートの甘いドキドキ感を体験できる。これはある意味、恋人のクラウド化とも、捉えることができます。日本は他の国に比べて、幸か不幸か、独り身という遊休資産が多いようです。(笑)もちろん、3分デートをきっかけに、そこから本当の恋人に発展することを、我々は望んでいるのですが。

・学生時代のような、何気ない瞬間に人を好きになる環境を作りたい

Q3:マッチングアプリを利用するにあたって、どうしても懸念されるのは安全性です。この点、本アプリでは、どのような対策がなされているのでしょうか。

実は「LiveDuo」と似たようなアイデアは、今まで何度も検証されてきました。それなら、なぜメジャーにならないのか?理由は、安全に3分デートができるプロトコルがなかったからだ、と私は思います。

ビットコイン前にも、仮想通貨の考えは、何度も議論され、検証されてきました。それでも普及しなかったのは、P2Pで安全かつ、信用できる約束ごとの共通認識が、存在しなかったからです。それと同じように、女性目線からしたら、いきなり知らない男性と、3分通話とビデオ通話をすることは、非常にリスクの高いことです。

「LiveDuo」で私たちが推したい点は、3分の会話から始まるというアイデア以上に、デートを安全に遂行できるアプリケーションデザインなのです。おしゃれで清潔感のある印象にすれば、性的な目的で利用する人を近づけないコミュニティを作ることができます。

デザインをポップにし、本人確認はもちろん、女性のタイミングで、通話から徐々にビデオ通話に切り替えられる機能、デートの前に相手のプロフィールをすべて閲覧できる機能なども搭載しています。(中略)安全安心には十二分な力を注いでいきますし、信頼できるサービスにしていきたい、と強く思っています。

Q4:今後の展開について、教えてください。

ビジネス面では、3年後に会員数300万、5年後にはIPO(新規上場株)をめざすつもりです。

現在の恋活マッチングアプリは、出会いがないからという消極的な理由で始めている人が、まだまだ多いようです。それは、人が人を好きになる環境が、ないからなんです。デートすることだけが、目的になってしまっている。

中学や高校のような、何気ない瞬間に人を好きになる。あの頃みたいなオープンな環境を、アプリ上で作っていくのが、「LiveDuo」の目標です。

隣に座った女の子のさり気ない優しさ、普段はおとなしい男子が見せた意外な男らしさ……。ティーンエイジャーの頃に感じた甘美な想いを、もう一度引き出してくれるアプリ、「LiveDuo」。本当の恋愛関係を築きたい、と考えているあなた。ぜひ、トライしてみてはいかがだろうか。

LiveDuo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy