ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォルマート、自動走行で床のモップがけするマシーンを全米店舗で導入へ

世界最大の小売チェーン、ウォルマートは米国の店舗に自動で走行しながら床のモップがけをするマシーンを導入する。すでに試験的に100台を活用していて、来年1月までに360台を追加するという。

将来的には、モップがけをしながら、どこの陳列棚が空になっているかといった情報収拾の役目も担う可能性がある。

・店のレイアウトを学習

ウォルマートの店舗は郊外型だけあってかなり大きく、広大なスペースをきれいに保つというのはなかなか骨が折れる作業だ。これをマシーンにやってもらおうというのが今回の試み。

サンディエゴ拠点の会社BrainがOSを手がけたマシーンは、人が1人乗れる座席も備えていて、初めに人が操作してマシーンに店のレイアウトを“教える”。

するとセンサーなどをフル活用しながら自動で走行するようになる。客や障害物を避けながら走行し、どこで曲がるかや、次にどのレーンを掃除するかといった判断も自分でできるようになる。

・商品棚のデータ収集も

また、このマシーンは走行しながらセンサーで収集したデータを店のクラウドベースのプラットフォームにアップロードする。

これらのデータを活用することで、たとえば空になった商品棚を特定し、商品の補充をタイムリーに行えるようになるという。一方で、このマシーンとは別にウォルマートはすでに、棚を自動スキャンするロボットを50店舗でテスト中だ。

小売業界では、Amazonがレジなし店舗を展開するなど、最先端テックの導入が目覚ましい。スーパーやコンビニの従業員はマシーン、という時代がすぐにやって来るのかもしれない。

Brain News Release

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。