ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1位は「バーチャルYouTuber/VTuber」『ガジェット通信 ネット流行語大賞2018 ねとらぼといっしょ!』投票結果発表!

年末恒例の“ネット流行語大賞”を発表! 今回はネットメディア『ねとらぼ』さんと共同で2018年にネットで流行った・盛り上がったワードの候補を選出、一般公募も交え、盛り上げてきた本企画。

『ガジェット通信 ネット流行語大賞2018 ねとらぼといっしょ!』一般投票の結果は……!?

金賞:バーチャルYouTuber/VTuber
銀賞:平成最後の〇〇
銅賞:大迫半端ないって

銅賞は、上半期に銀賞だった「大迫半端ないって」。FIFAワードルカップでの大迫選手の活躍により日本中で流行ったこのワード(※元々は大迫選手が高校生時代に対戦した滝川第二高校の中西選手が放った言葉)。「○○半端ないって!」の汎用性高さもあり、年末まで上位に食い込みました!

銀賞は「平成最後の〇〇」。現在の天皇陛下が来年2019年4月30日をもって退位することが正式に決定し、「平成最後」の言葉が飛び交った下半期。これから「平成最後の年末」、「平成最後のお正月」が来ると思うと感慨深いです。来年は「平成最後の花見」なども流行りそう。
※「平成最後の夏」はノミネートしていましたが、惜しくも上位に入らず!

そして、得票数1位で金賞に輝いたのは「バーチャルYouTuber/VTuber」。今年は多くのVTuberがデビュー。手軽にVTuber化し生配信も可能なスマホアプリなども登場し、新たな時代の幕開けを感じさせる年となりました! ヴァーチャル空間でのライブ(VRライブ)の実施などポジティブな話題から、キズナアイ論争まで、さまざまな盛り上がりをみせた「バーチャルYouTuber/VTuber」。最近では有名キャラクターの参入も多く、今後も注目を集めそうです。

以下、その他上位ワード。「支離滅裂な思考・発言」も多くの票数を得ていましたが、次点となり入賞を逃しました、惜しかった!

また、一部ノミネートワードに適切でないものがあり、ノミネートから除外させていただきました。

<上位ワード一覧>
・支離滅裂な思考・発言
・ペニーワイズがオススメするシリーズ/ハーイ、ジョージィ
・エモい
・ヘルシェイク矢野のこと考えてた
・そういうとこだぞ
・山口メンバー
・ポプテピピック
・筋肉は裏切らない(みんなで筋肉体操)
・ボーっと生きてんじゃねーよ!(チコちゃんに叱られる!)
・モルゲッソヨ
・そだねー
・クッパ姫
・漫画村
・ハズキルーペ
・日韓断交
・NHKが映らないテレビ
・やらなきゃ意味ないよ
・野党18連休
・カメラを止めるな!/カメ止め/カメ止め現象
・プロ人質
・もぐもぐタイム
・ウマル
・スカディシステム/スカスカシステム(Fate/Grand Order/FGO)
・#MeToo
・殺人タックル
・忖度ジャパン
・自己責任/自己責任論
・ジェンダー
・今後必要になるプログラム言語

上位に入らなかった、多数のノミネートワードは投票記事からご覧ください。VTuber関連は上半期に多くノミネートされていました。

ノミネートワード一覧掲載の投票告知記事はコチラ↓
平成最後の『ガジェット通信 ネット流行語大賞2018 ねとらぼといっしょ!』一般投票スタート! 締切は11月27日24時https://getnews.jp/archives/2098670

2018年上半期の結果はコチラ↓
『ガジェット通信 ネット流行語大賞2018上半期』発表!半端ない得票数で「NHKが映らないテレビ」に!
https://getnews.jp/archives/2058828

2017年の結果はコチラ↓
『ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ』投票結果発表! 金賞は“Nintendo Switch”
https://getnews.jp/archives/1985193

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy