ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あの超定番ハワイ土産を誕生させたのは日本人!【日本発祥の意外なもの】

ハワイ土産の超定番 ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート
ハワイ土産の超定番であるハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート。味もパッケージも、旅心をくすぐるエキゾチックなものですが、そこには日本のDNAが流れていたのです。

きっかけは偶然から

日系三世のマモル・タキタニ氏
50年以上前のこと。マウイ島に暮らす日系三世のマモル・タキタニ氏は、読書をしながら、ナッツをつまんでいました。姪っ子のカレンさんから口にチョコレートのかけらを入れられて何気なくナッツと一緒に食べたところ、そのおいしさに驚いたといいます。この食べ合わせは、一族や友人の間で大流行しました。

樹上のマカデミアナッツ
樹上のマカデミアナッツ

マモルさんは日系三世ですが、生まれたのは日本。1912年に山口県で誕生し、その後ハワイに渡りました。

もともとお菓子屋さんになるのが夢だったこともあって、妻のアイコさんとナッツ入りチョコレートの研究に明け暮れます。手ごたえをつかんだマモルさんは、ホノルルで勝負することを決意しました。

ホノルルで会社を設立

乾燥させたマカデミアナッツの実
乾燥させたマカデミアナッツの実

ホノルルで工場を立ち上げようとしていたところ、既にマカデミアナッツ入りチョコレートを販売していた会社を知ることになります。「エレン・ダイ・キャンディーズ」は、彼のイメージしていた商品とは違うものを出していましたが、一から工場をつくるよりも早いはずと考えたんですね。

さっそくオリジナルレシピの商品をつくりましたが、思ったように売れません。そこで商品を抜本的に見直すことに。もっとマカデミアナッツの個性を生かすチョコレートを使わないといけないという結論に至ります。

偶然の食べ合わせとなったチョコレートのメーカーであるネスレに、ハワイらしい、もっと甘さを控えたチョコレートをつくってもらうように依頼しました。

最初は門前払いだったものの、何度も熱心にアタックした結果、ネスレが専任の技術者を送ってくれることになりました。

その後5年もの研究を行い、以下のハワイアンホーストが理想とする条件をクリアする商品が誕生しました。

・甘さを抑えたチョコレートで尚且つお菓子のような食感
・マカデミアナッツ独特の味を最大限に生かす
・常夏のワイキキを持ち歩いても溶けにくい
・食べる人全てをとろけさせるチョコレートの魅力を備え持つ

ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート断面
ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレート
島中を行商し、地道に販売活動を続けたところ、次第に観光客の間で話題になり、今はハワイの超人気土産になりました。

ファウンダーズコレクション(日本未発売)
ファウンダーズコレクション(日本未発売)

ハワイ土産 マカデミアナッツチョコレート
それにしても、甘すぎないを目指したのは、やはり日本人の感覚によるものと思えてなりません。

 
ハワイアンホーストオフィシャルショッピングサイト
http://www.hawaiianhost.jp/

[All photos by Hawaiian Host]
 
参照
ハワイアンホースト
http://hawaiianhost.co.aqa.sh/about/index.html
http://www.hawaiianhost.co.jp/brand/hawaiianhost/index.html
http://www.hawaiianhost.co.jp/company/outline.html

Hawaiian Host
https://www.hawaiianhost.com/foundation/

海外移住資料館
https://www.jica.go.jp/jomm/newsletter/tayori16_02.html

ハワイの歩き方
https://www.hawaii-arukikata.com/news/hawaiianhost_founders_collection.html
あの超定番ハワイ土産を誕生させたのは日本人!【日本発祥の意外なもの】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき