ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • シルヴェスター・スタローン、映画『クリード チャンプを継ぐ男』続編が2018年に撮影予定と語る
  • 配信権のない番組を誤って配信「NHKオンデマンド」が謝罪
  • 映画『ゴーストバスターズ』、各批評は“ユーモアある女性たちが創造性のないリブート作品を救った”という見解で一致
  • ほむら衝撃の行動の意味は? 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』特報映像
  • 【動画】キレッキレ! ダンス映画No.1『ステップ・アップ5』の超絶テクニックに刮目せよ
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/7/9号:『死霊館 エンフィールド事件』『スクリーム・ガールズ 最後の絶叫』『バチカン・テープ』
  • レオナルド・ディカプリオ、マーティン・スコセッシ監督の伝記映画にルーズベルト大統領役で出演へ
  • ジェニファー・ローレンス、ミスティーク役は『X-Men』より『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で演じたい
  • まさにヴァルハラ! 世界最大のIMAXシアターで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がリバイバルされるぞ!
  • 観客参加型のホラー映画祭『ホラー秘宝まつり2016』 新作ラインナップに“ウサギ人間”も[ホラー通信] 
  • 『ホビット 決戦のゆくえ』息つく暇がない2分28秒の本予告編が解禁 最終決戦には『ロード~』キャストも再集結!
  • 劇場版『エグゼイド』『キュウレンジャー』製作発表会見「ネタバレできないんで」【写真】
  • 喜怒哀楽を全て“真顔”に込める男……アダム・ドライヴァー劇中全部同じ顔してる説
  • レブロン・ジェームズ、NBAドラフトで指名選手のふりをするコメディ映画を開発中
  • ジャームッシュ渾身の「吸血鬼ラヴ・ストーリー」監督監修の予告編を公開
  • 【日曜版】富士の裾野に柳楽優弥を見た!【映画・戦慄迷宮3D】

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次世代のiPhoneはラップディスプレイ式? Apple、新たな特許が明らかに

先日Samsungが折りたたみスマホを発表し、注目を集めたのは記憶に新しい。Samsungだけではなく、他大手メーカーやスタートアップも折りたたみ式のデバイス開発に取り組んでいる。

そうした企業の中にはAppleも含まれるが、このほど公開された、同社の米国特許商標庁への出願によると、もしかすると将来のiPhoneはラップディスプレイ式になるかもしれない。

・楕円形のデバイス

特許は11月15日付で、件名は「Electoronic device with wrap around display(ラップスタイルのディスプレイを搭載したエレクトロニクスデバイス)」とある。

特許書類には細長い楕円形の形をしたデバイスの絵などが添えられている。平たいフラスコ状のデバイスのスクリーンにメールやメッセージ、App Storeなどのアプリが描かれていて、デバイスがiPhoneであることがうかがえる。

・折りたたみスクリーン内蔵?

さらに興味深いのは、楕円形ボディとは別の折りたたみスクリーンの存在も示されていることだ。特許にある図を見ると、iPhone様のデバイスのボディの中に折りたたみスクリーンがしまわれている。必要に応じて、スクリーンを広げて活用するものと思われる。

ただ、どの会社でもそうだが、特許内容の全てが商品化されるとは限らない。開発に取り組んだものの、やはり無理だった、ということもざらにある。

とはいえ、Appleが折りたたみ様のデバイスに真剣に取り組んでいることは明らかで、世間をあっと驚かせるようなデザインと操作性のiPhoneが登場するかもしれない。

米国特許商標庁

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。