ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドゥテルテ対カトリック(2)】 フィリピンとカトリックが推し進める離婚と中絶の禁止(俺のセブ島留学)

【ドゥテルテ対カトリック】 フィリピンとカトリックが推し進める離婚と中絶の禁止

今回は『俺のセブ島留学』よりドン山本さん執筆の記事からご寄稿いただきました。

【ドゥテルテ対カトリック(2)】 フィリピンとカトリックが推し進める離婚と中絶の禁止(俺のセブ島留学)

ドゥテルテ大統領

前回はドゥテルテ大統領とカトリックの対立について詳しく説明しました。

「【ドゥテルテ対カトリック(1)】反ドゥテルテを掲げるカトリック。フィリピンとカトリックの関係性とは」2017年11月17日『俺のセブ島留学』
https://ceburyugaku.jp/68203/

今回は、フィリピンの離婚と中絶についてお話ししていきます。世界でもっとも厳しいとされる離婚と中絶の禁止。それが元に起きる問題とは?

1.離婚の禁止
1-1.世界でただ一カ国、離婚できない国
1-2.離婚合法化はなぜ進まないのか?
2.中絶の禁止
2-1.世界でもっとも厳しいフィリピンの中絶禁止
2-2.「闇の中絶」がもたらす悲劇
2-3.中絶手術を受ける費用がない場合は……
2-4.深刻な十代の妊娠

 

1.離婚の禁止

離婚の禁止

http://www.ghandilaw.com/

 
1-1.世界でただ一カ国、離婚できない国

カトリックは前回紹介した「バハラナ」に代表されるフィリピン人の国民性に影響を与えているばかりでなく、政治や経済活動にも深く食い込んでいます。ことに庶民の暮らしに直接影響を及ぼしているのは、離婚と中絶の禁止です。

フィリピンでは一度結婚すると、絶対に離婚できません。なぜなら「離婚」という制度そのものが、はじめからフィリピンにないからです

教会での結婚式に参加すると、神父さんが新郎新婦の双方に対して、配偶者のことを「健やかなるときも病めるときも、生涯愛し続けると誓いますか?」と確認するセレモニーが必ず行われます。

これは、日本では単なる形式上のセレモニーに過ぎませんが、本来の意味は神の御前で神に対して永遠の愛を誓う儀式です。

神に誓いを立てた以上は、この約束を破ることはどんなことがあっても許されません。ですからカトリック教徒であれば、本来は離婚などけしてできないのです。

とはいえ、現代社会でカトリックの教えをもとに離婚を禁じるのは、さすがに無理があります。今日では数あるカトリック教国でも、離婚は法律上の制度として認められています。

ところが世界でただ一カ国だけ例外があります。それが、フィリピンです。

ちょっと前までは、地中海にある小国のマルタ共和国でも離婚が禁じられていました。しかし、マルタでは2011年6月に「離婚合法化」の是非を巡って国民投票が行われ、52.3%の賛成を得て離婚合法化法案が可決しています。

フィリピンは世界で唯一、離婚が合法化されていない国なのです。

このことはフィリピン人に多くの悲劇をもたらしています。相手がギャンブル狂であろうと浮気ばかり繰り返そうと、あるいは家庭内暴力をふるおうとも、一度結婚したからには離婚できないからです。

どうしても別れたければ別居するよりありません。そのため、次のようなケースがよく起きます。

AさんとBさんが結婚しましたが、結婚生活がうまくいかなくなり別居することにしました。しばらくしてAさんもBさんも別の家庭をもち、それぞれに新たに子供に恵まれました。

ところが、AさんとBさんの間には法律上結婚状態が続いているため、二人は新たに結婚することができません。そのため子供たちの身分は、どうしても不安定になってしまいます。

フィリピンではこうした事例がかなりあります。ちなみに重婚は罪が重く、発覚した場合は禁固6~12年に処されます。

離婚という制度はないものの、実は抜け道が用意されています。

アナルメント(Analment)という制度です。

アナルメントは日本語で「婚姻関係無効」の意味です。アナルメントは正式な裁判を経て決定されます。

アナルメントが認められると、婚姻していた事実自体を抹消できるようになります。すると新たに結婚することもできるため、事実上は離婚したことと同じ扱いになります。

ですが、アナルメントには弁護士費用などで日本円にして30万円以上の費用が必要とされ、判決が出るまでに5~6年もかかります。フィリピンの大多数を占める貧困層にそんな大金を用意できるはずもなく、選択肢にさえ上がりません。

アナルメントは富裕層だけが利用できる特別な制度に過ぎません。

大多数のフィリピン人は、相手が死ぬまで再婚できないという理不尽な状態におかれています。

 
1-2.離婚合法化はなぜ進まないのか?

政府が主体となり離婚を合法化しようとする動きも過去にはありましたが、その動きを封じてきたのはカトリック教会です。フィリピンでは、カトリックの教義に反する政策を政府がとろうとすると、必ずと言ってよいほどカトリック教会が政治に口を出してきます。

では、離婚に対するフィリピン人の意識はどうでしょうか?

2014年12月に民間調査機関が、離婚合法化に賛成か反対かを調べたデータが発表されています。それによると賛成が60%を超えています。過去にも同様の調査が行われており、2005年が43%、2011年が50%と、年々合法化を支持する声が高まっています。

離婚合法化に反対と答えた人は29%で、前回調査の45%を大きく下回っています。こうしたことからフィリピンの世論は、離婚合法化を求めているといえるでしょう。

しかし今のところ、離婚合法化の動きは鈍いままです。その理由として、カトリック教会が頑固に反対していることの他に、もうひとつ指摘されていることがあります。それは、政治家の抱える事情です。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy