ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2018/11/10号:ニコラス・ケイジ主演『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

今週は、ニコラス・ケイジ主演、パノス・コスマトス監督のリベンジスリラー『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』がいよいよ公開。物語はシンプルな復讐劇……ですが、独創的な世界観、鮮烈な映像、圧倒的なサウンド、ニコラス・ケイジやアンドレア・ライズブローらの怪演など、あらゆる要素が大きなうねりとなって観る者を襲うとてつもない映画になっております!

映画監督の父と芸術家の母から様々なものを学んだというコスマトス監督は、自身で本作を“ナイーヴ・アート”と評しています。今後は映画の限界を押し広げる実験的な作品を撮りたいとインタビューで語ってくれていますよ。プロデューサーはジャンル映画が大好きすぎて製作会社を作っちゃったイライジャ・ウッド。日本で本作を公開できてご満悦なイライジャのコメント動画もぜひご覧あれ。

なお、新宿シネマカリテでは、劇中でニコラス・ケイジとアンドレア・ライズブローが着ていたラグランTシャツの販売があるほか、劇中に登場した“主人公お手製の斧”を再現したものが用意されているようですよ。これはアガるぜェェェ!

それでは今週も行ってらっしゃい!

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』11月10日公開

<ストーリー>
過去のある男レッドは、愛する女性マンディと人里離れた場所で静かに暮していた。しかし、マンディに固執する狂気の集団によって、彼女は炎につつまれレッドの目の前で惨殺される。怒り狂ったレッドは、オリジナルの武器を携え復讐に向かう。しかし、彼の前には、得体のしれない姿をしたバイク軍団が立ちはだかった――。

上映館:新宿シネマカリテほか全国
この映画の記事:創造性が爆発する『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』パノス・コスマトス監督インタビュー 「映画でやれることはまだまだあると思う」
リンク:映画公式サイト

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。