ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

曲線の長さ測定に大活躍! 転がすだけのメジャーツール「Rollbe」はポケットサイズ

測定に使う道具としてはメジャーや定規、最近はレーザー距離計などもある。しかし、メジャーや定規では曲線は測れないし、レーザー距離計は高価でかさばる。

そこで紹介したいのが、転がして曲線を測定できるツール「Rollbe」。ポケットにしのばせられるサイズなので必要な時さっと取り出して使える。

・ウォーキングメジャーの小型版

工事現場や競技場で測定に使われるツールとして、ウォーキングメジャーがある。円形デザインのRollbeはそれに近い。ただし、デスクで使える小型版だ。

ウォーキングメジャーはハンドルバーが付いている一方で、Rollbeは中心部分を指で挟むようにして持って転がす。

・ミリ単位のメモリ

仕組みはというと、円盤にメモリがついていて、1周するごとにカチッと音がなる。その音を数え、長さを計算する。

Rollbeは外周10センチと20センチの2バージョンがあるが、たとえば10センチバージョンを使用するとして、5周して端数があれば10センチ×5に端数を足して長さが算出できる。

メモリはミリ単位なので、洋裁のデザインなどきっちりとしたデータが必要な場合にも使える。

・キーチェーンにつけられる

Rollbeは小手で転がすというローテクタイプなので充電やメンテは不要で、しかも小型なのでどこにでも持ち歩ける。専用ケースにはリングがついていて、職業柄長さを測ることが多い人はキーチェーンにつけておくのもありだろう。

クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中のRollbeは、すでに調達目標額を達成。今なら出資額は29カナダドル(約2500円)となっている。12月6日まで出資を受け付けたのち、来年4月にも発送が始まる見込みだ。

Rollbe/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき