ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュージーランド航空の新作「機内安全ビデオ」、今回はラップとダンスで安全説明

ニュージーランド航空がこのほど、新たな「機内安全ビデオ」を公開した。この新作のタイトルは『It’s Kiwi Safety ~ラップとダンスで安全説明』編。すでにニュージーランド航空の全路線のほか、Youtubeでも見ることができる。


世界の数ある航空会社の中でも、ニュージーランド航空の機内安全ビデオはユニークかつ斬新な内容で毎回登場するたび、世界中で話題となる。これまで、ハリウッド映画やオールブラックスとのコラボレーション、映画『ホビット』シリーズとのタイアップ、世界的サーファーを集めたり、ニュージーランドの絶景を紹介したりといった内容などを機内とYouTubeで公開してきた。『It’s Kiwi Safety ~ラップとダンスで安全説明』編は、その18作目。
今回の機内安全ビデオはこれまでと一転、ミュージックビデオ仕立てとなっている。使用する楽曲は、RUN-DMCの人気曲「It’s Tricky(イッツ・トリッキー)」と、シスターズ・アンダーグラウンドの「イン・ザ・ネイバーフッド」をリメイクしたサウンドトラック「It’s Kiwi(イッツ・キウィ)」。

06112018_MediaRelease_image2

ビデオには、ニュージーランド航空がこれまで制作した中で最大となる総勢600名のキャストが参加。その中に、ニュージーランドの人気俳優(ジュリアン・デニソン)や地元ミュージシャン(キングス、セイア、ランダ)に加え、オークランドのダンスグループやダニーデンの水難救助隊ら国内30以上の市民グループ、さらに、客室乗務員やパイロット、空港の地上スタッフらも登場する。
テンポよく元気が出る曲は、飛行機で出発する前にピッタリ。楽しい内容の中には機内の安全に関することもしっかり入っていて、思わず見入ってしまううち、頭にもスッと入ってくる。
なお、この新作に合わせ、ニュージーランド航空の機内誌11月号で、表紙が初めて6パターン用意されている。ビデオに登場する人々が紹介されているとのことで、もし乗ったらぜひチェックを。

06112018_MediaRelease_image1
ニュージーランド航空https://www.airnewzealand.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【美人すぎる○○】ロシアの警官がヤバすぎる件!!!!
【速報】スウェーデンで実写版キャプテン翼が見つかってしまう
こげ子、「汗かきエステ気分 ホワイトスキンケア」使ってみた!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。