ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の新そばはお取り寄せで!『きねうち麺 十割ざるそば』はそば粉100%なのにのどごしつるつるって本当?

 

新そばを味わえる時期は、10月下旬~11月上旬ごろ。まさに今このタイミング!そこで今人気のお取り寄せそばから『きねうち麺 十割ざるそば』をいち早くチェック! 食塩不使用、グルテンフリーの十割そばの実力を実際に食べて確かめてみた。

 

生麺なのに賞味期限は60日間!『きねうち麺』シリーズの十割そばって?

サンサス商事株式会社(東京都港区)『きねうち麺』シリーズは、常温保存ができてつゆ付というお手軽なお取り寄せ生麺シリーズ。食塩不使用なのに、そののどこしはつるつるでなめらか! 今、お取り寄せ麺で最も注目したいシリーズだ。毎日1食以上は麺を食べている麺人類な記者としては、「ざるうどん」「カレーうどん」に引き続き、そば好きにはたまらない新そばの季節に「そば」をチェックしておきたい。

今回お取り寄せしたのは『きねうち麺 十割ざるそば』(2食入り6パック・希望小売価格 税込2,592円)! 生麺なのに常温保存ができて、賞味期限は60日間という便利で嬉しいそばだ。

生麺なのに賞味期限は60日間!(製造日より)

1食につき麺135gとストレートタイプのつゆ70mlがセットになっている。麺類のお取り寄せでは、つゆがないものも多いのでこれは嬉しい。

肝心のおそばはというと、『きねうち麺 十割ざるそば』というネーミングの通りそば粉100%の十割そば! 一般的にスーパーやコンビニで売られている生麺は、小麦粉をつなぎとして使い、塩を混ぜて味を調整したそばがほとんど。生麺の場合は全体の3割以上にそば粉を使っていれば「そば」と名乗れるので、私たちが普段食べているものは意外にそば粉が少ないことも。

一般的に十割そばの魅力は、そばの香りや味わいを存分に味わえることにある。が、つなぎの小麦粉がない分ぼそっとした食感になりやすく、好みの問題ではあるが舌触りやのど越しでは二八そばの方が滑らかだと思う。

『きねうち麺 十割ざるそば』の場合は、小麦粉も食塩も不使用。健康志向の人にもおすすめだ。(スープには小麦・大豆・さばが含まれているので、アレルギーの人は要チェックだが、合成添加物は一切含まれていないオリジナル)シリーズの特徴であるつるつるで滑らかなのどこしが、十割そばでどう発揮できているかに注目したい!

 

ゆで時間はたった2分30秒! お取り寄せそばなのに、すぐできて簡単!

『きねうち麺 十割ざるそば』に限らず、お取り寄せのそばや贅沢なこだわりそばをお取り寄せしたことはあるけれど、乾麺でゆで時間が10分以上かかるものが多い。おいしいおそばはゆで時間が長いというイメージを覆す『きねうち麺 十割ざるそば』は、沸騰したお湯に麺を入れてたった2分30秒茹でるだけでOK! これなら手軽に作れるし、料理経験がほとんどなくても大丈夫。

そばをお湯に入れると、ちょっと箸で触れるだけで簡単にするするとほぐれていった。細麺で、十割そばにしては薄めの色が特徴的。簡単すぎて「これでいいの?」と思うくらいだった。

茹で上がったらざるに麺を取り、水でよく洗い水気をきる。あとは器に盛りつけ、ねぎやわさび、天かす、海苔など好みの薬味を用意して完成。付属のつゆはストレートタイプだから、水で薄める必要はなし。

さっそく食べてみると、細麺なのにつゆがよく絡んで、するするっと口の中に入ってくる! からめのつゆがよく合う。細麺なのに、しっかりとした歯ごたえがあって、コシがあった!

いっきに飲み込んでしまいそうなくらい、なめらかでつるつるな蕎麦は、これまでスーパーやお蕎麦屋さんで食べてきたそばのどれとも違う。

最もびっくりしたのは、よく噛むとだんだん甘みが出てくること。あまりののどごしの良さに飲み込んでしまいそうになるけれど、じっくり噛んで味わってほしい。食塩不使用なのに、噛めば噛むほどにじゅわっと独特な甘みがどんどん滲み出てくるから「食べたい!」と思う気持ちが湧いてくる。

また、つゆがしょっぱめなので、天かすや天ぷら類の油とよく合う。ゆでたまごやちくわなど、色々なトッピングとの相性がいいのも魅力だと思った。これは新そばを楽しむだけではもったいない!冷蔵庫に入れなくても良いから年越しそばにもおすすめだ。 手軽さと味わいで考えても食べてみる価値あり。

 

新そばをお手頃価格でお得に楽しめる!

個人的な見解では、そばの味や香りががつんと来る重めのそばが好きな人には好き嫌いが分かれるかなと思うけれど、食塩不使用なのにそばのうまみと甘みがしっかりあり、のどごしがいいという点ではかなり魅力を感じた。今年の新そばは、『きねうち麺 十割ざるそば』を一度ためしてみてほしい。

 

スーパーなどで手に入るちょっとお高めのお蕎麦は、だいたい1食あたり300円~500円くらい。『きねうち麺 十割ざるそば』は12食入りで税込2,592円だから、なんと1食あたり200円弱というお値段。「え、この味で、つゆもついて200円ちょっと?」と、驚くほど手ごろなお値段だと思った。

まとめて買っても日持ちがするので長く楽しめる。家庭に常備しておきたくなる商品だ。

『きねうち麺 十割ざるそば』は公式サイトのオンラインショップで販売中。1食入り・スープ付の12パックセット麺のみのタイプなどバリエーションあり。

 

関連記事リンク(外部サイト)

お取り寄せグルメ決定版!『きねうち麺 カレーうどん』はふわトロ食感の麺がことごとく絡んで止まらない!
食べてびっくり、透明度とコシがハンパない!『きねうち麺 ざるうどん』でサラダ麺を作って食べてみた!
甘酸っぱいゴマダレと豆板醤の辛味が食欲をそそる! エスニック風まぜ麺『上海辛麺』の実力とは?
カップ麺全盛の時代に、一石を投じる袋麺の覚悟が見える!  マルちゃん『正麺(せいめん) うどん&カレーうどん』
おつまみにもなる冷凍食品の串シリーズの新商品!今夜のビールのアテは『豚かつ串』に決定!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。