ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】2020年までに発生するといわれる南海トラフ地震の「NHK地震速報動画」が話題 / 東日本にも被害拡大

nankai-megathrust-earthquakes

2020年までに発生する確率が極めて高いと言われている南海トラフ地震。西日本のほとんどの地域で強い揺れが発生し、巨大津波が発生する確率が高いと言われている、実際に発生すれば甚大な被害を及ぼす恐ろしい地震である。

・実際に南海トラフ地震が発生したらそういう速報になるだろう
そんな南海トラフ地震が発生した場合を想定した「NHK地震速報動画」が話題となっている。あくまでシミュレーションとして作られた仮定の地震速報だが、その表現があまりにもリアルなため「実際に南海トラフ地震が発生したらそういう速報になるだろう」というイメージがつかめる内容となっている。

・東日本にも津波が到達
津波の範囲は太平洋側全域で、西日本は巨大津波が押し寄せ、東日本にも津波が到達するという、日本全国に被害を及ぼす巨大地震になることを想定して作られた地震速報となっている。

311

・甚大な被害を生む巨大地震
深夜の時間帯、通勤時間、帰宅時間、どのような時間帯に発生しても多くの人々の命を奪い、甚大な被害を生む巨大地震。南海トラフ地震は凄まじいエネルギーで揺れると言われており、日本の経済が混乱するのは間違いない。

・自分の命を守れるよう何かしらの準備
少なくとも、日本はいつどこで地震が発生してもおかしくないのは確かなことであり、何が起きても生き延びられるよう、防災グッズや食糧を備蓄しておくことはしておきたい。そして、自分の命を守れるよう何かしらの準備をし、自分が地震大国に住んでいることを自覚して生活したほうが良いだろう。

もっと詳しく読む: 2020年までに発生するといわれる南海トラフ地震の「NHK地震速報動画」が話題 / 東日本にも被害拡大(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/11/07/nankai-megathrust-earthquakes-news/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。