ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】中国人のアニメファンが「なかなか続編が出ないナウシカの続編」を勝手に作ってしまった件

img3

1982年から雑誌「アニメージュ」で連載が開始され、1984年には映画化され国民的アニメーション作品となった「風の谷のナウシカ」は、ジブリ宮崎駿監督の代表作である。日本のみならず海外にもファンがおり、いまだテレビで放送されると高視聴率を得られる人気作品だ。

・スペクトを込めて続編アニメを作る
そんな「風の谷のナウシカ」のアニメ映画作品は1作品のみで続編が公開されていない。しかし、そんな「風の谷のナウシカ」の続編が公開されないことに対してフラストレーションがたまり、リスペクトを込めて続編アニメを作ったてしまった人がいるのだ。

・我慢できずに自分で作ってしまった
「風の谷のナウシカ」の続編を勝手に作ってしまったのは、とあるアニメクリエイターの中国人。彼はどうしても「風の谷のナウシカ」の続編を観たかったようで、我慢できずに自分で作ってしまったのである。

img2
img1

・漫画にエフェクトをかけてアニメ調に
この続編は、宮崎駿監督の原作漫画からキャラクターの絵を素材としてコピーし、エフェクトをかけてアニメ調に作ったもの。よってアニメというえよりは「漫画の絵が動いている」ような画法に見える。

・インターネット上で公開
この同人的な「風の谷のナウシカ」の続編は多くのファンに絶賛されており、いま現在15分ほどが完成し、インターネット上で公開されている。しかし法的にいろいろと解決しなくてはならない部分があるのは確かなようで、さまざまなサイトで削除されているのはその影響かもしれない。

もっと詳しく読む: 中国人のアニメファンが「なかなか続編が出ないナウシカの続編」を勝手に作ってしまった件(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/11/07/nausicaa-of-the-valley-of-the-wind/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。