ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール好きが5000人も集う祝祭『よなよなエールの超宴』に本当に楽しいのかと疑いながらも行ってきた話

『よなよなエール』『水曜日のネコ』『インドの青鬼』など、個性的な缶ビールを販売しているヤッホーブルーイング。長野県を拠点とするクラフトビールの製造会社なのですが、毎年10月になると『超宴』なるイベントを開催しているのをご存知でしょうか。

昨年は神宮外苑軟式球場で開催され、なんと4000人ものビールファンを動員。そして今年はお台場に場所を移して開催され、動員数は5000人と増えたのにチケットは完売というすごい規模に。もはや日本を代表するビアフェスのひとつと言っても過言ではないでしょう。

本当に楽しいのか? ビール好きのオッサンが参戦

しかしビアフェスと言うとお祭り感がありますが、結局は野外でビールを飲むのがメイン。僕もヤッホーブルーイングのビールは大好きですけど、わざわざお金を払ってイベントに行かなくても、昼間から缶ビールを買って公園で飲めば十分幸せを感じられるタイプです。

こんな貧乏脳の僕でも『超宴』を楽しむことはできるのでしょうか。そんな疑いの感情を抱きつつも『超宴』に初参戦してきたのでレポートさせていただきます。

マジかよ! 開場は10時半なのにビール販売は13時までお預け!

10月27日土曜日。夜中はずっと雨が降り続いていましたが朝には見事に雨が上がり、最高気温は25度まで上がるという絶好のビール日よりとなりました。ウキウキ気分で会場入りし、早速ビールを飲むぞ!と思ったら、なんとビールの販売は13時から。12時からの開会式で缶ビールをいただけるようですが、それまではまさかのビールお預けという状況に。これはつらい……。

仕方がないので入場時に受け取ったパンフレットなどを読んで『超宴』について予習を始めます。

ノーマルチケット4500円を購入すると、入場券のほかに専用のグラス(持ち帰り可能)とグラスホルダー、そしてビアチケット4枚分がついてきます。グラスがもらえるのは嬉しいですが「4杯しか飲めないのかよ……」なんてビールクズなことも思ってしまったり……。

また上記のセットのほかに、参加者同士が交流をしやすいようにニックネームを記入する名札が用意されていたのですが……

うっかり最低なニックネームを記入してしまいました。ビールのお預けを食らってしまい、やさぐれた気分になっていたのかもしれないです。

いよいよ開会式! 5000人で同時に乾杯!

そうこうしているうちに時刻は12時。いよいよ開会式が始まりました! 開会式で司会を務めるのはタレントさんでもお笑い芸人でもなく、なんとヤッホーブルーイングの社員さん。ものすごくアットホームな雰囲気が漂います。

開会式が始まり、イベントの諸注意などが丁寧にアナウンスされ、気がつけば時刻はすでに12時半。いつになればビールを飲めるのかと待ちわびていたら……

ドォォォーーーーンッ!! 会場に大量の『よなよなエール』が運ばれてきました! ようやく酒が飲める……酒が飲めるぞォォォッ……!!

待ちに待ったビールを手に思わず満面の笑みがこぼれてしまいます。

そして青空の下、5000人が一斉に缶ビールを「プシュッ」と開け……

5000人で一緒に乾杯!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき