ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何気ないつぶやきで家バレ……現役アイドルが「本当にあったスマホこわい話」を激白! 『スマホを落としただけなのに』座談会

ある日、スマホの紛失をきっかけに、自分自身の個人情報が次々流出する恐怖のどん底に落とされる女性を描いた『スマホを落としただけなのに』。宝島社が主催する「このミステリーがすごい」大賞の候補作品の中から、編集部がどうしても出版したいという作品を選出する”隠し玉”部門に選ばれた志駕晃氏の同名小説を、『リング』の中田秀夫監督が映画化したこの秋、最注目のサスペンス作品が11月2日(金)から全国公開します。

本作では、北川景子さん演じる主人公の麻美の個人情報が、彼氏が落としたスマホから流出。それほど親しくない知人からの執拗な連絡、SNSのっとり、自身のスマホがブロックされてしまう……など散々な目に合い、信じられない恐怖の事件に巻き込まれていく様がスリリングに発展していきます。

この映画の醍醐味が、「映画だから」「フィクションだから」と”他人事”ではいられないリアリティさ。簡単にパスワードが破られ、クレジットカードが悪用され、SNSにプライベートな写真を投稿されてしまうなんてこと、現実の私たちにも十分起こりうることなんです!

ただでさえ恐ろしいのに、それが女性で、アイドルだったらなおのこと……。日々の活動の予定や報告、日常のお知らせをTwitterで更新したり、SHOWROOMなど動画配信サービスも利用するアイドル達は実際にこんな経験をしているらしい、そんな「現役アイドル本当にあったスマホこわい話」をご紹介。事例を紹介しながら、どうやれば自分の個人情報=自分自身を守れるのかを、ITセキュリティに詳しい辻伸弘さんに伺います。

【辻伸弘プロフィール】
1979年生まれ。コンピュータの専門学校に通いながら、セキュリティを手探りで学び、ペネトレーションテストの仕事に就きたくて上京。現在は、ペネトレーションテストだけでなく、事件・事故を調査するセキュリティリサーチの仕事にも携わっている。攻撃者の立場でシステムを検証するペネトレーションテストで培った分析力と、リサーチで得た情報・知識を基に、執筆や講演などのエバンジェリストとして幅広く活動する。

【アイドルプロフィール】
A子さん:19歳、アイドル活動のほか、モデル活動も行う黒髪美人。
B子さん:16歳現役高校生。Twitterを毎日更新中。ぱっちりお目目がキュートなアイドル。
C子さん:17歳現役高校生。お人形の様なヴィジュアル、可愛い自撮りに定評あり。

ゲリラ豪雨で住んでいる場所が特定? リアルタイムな出来事のツイートは注意!

――本日は皆さんの「本当にあったスマホこわい話」をお伺いしたいのですが……。

A子さん:「すごい雨降ってきた〜」ってツイートしたら、その時に豪雨の地域を調べられて、住んでいる場所を特定されたことがあります……。

B子さん:恐い! ゲリラ豪雨とかその場所分かっちゃいますよね。

辻さん:リアルタイムの出来事のつぶやきはアイドルさんは気をつけた方がいいですね。SNS検索って恐いです。他にも電車の中でWifiをONにしている人の中に、例えば「稲葉麻美のiPhone」という表示名があったら、その名前をFacebookで検索して同じ顔を見つけられたら特定ができてしまうかもしれませんし、そこから勤め先の情報といったような様々な情報が知られてしまうかもしれません。

A子:自分の名前にしています…すぐ変えます!

何気ない投稿で学校バレにゾッ

B子さん:私は今高校生で、時々制服の写真を自撮りするのですが、いつもは校章とかリボンに強めにモザイクをかけているのに、ある日編集していない方の写真をアップしちゃって。気付いてあわてて消したのですが、もう何人かに見られた状態で。

辻さん:Twitterでまだ良かったですね。ブログとかにアップしちゃうと、そのままGoogleや保存サイトのキャッシュに残ってしまったりして。間違えてアップした画像もずっとネット上に残ってしまう。消えないので「デジタルタトゥー」と呼ばれていますが、完全に消す為の手続きも結構大変なので、写真をアップする前のチェックは入念にすることは大切ですね。制服姿から特定されて学校に来ちゃったりしたら恐いですしね。

A子さん:簡単に特定出来ちゃいますよね。私も高校生の時に「今日、体育祭だよ」ってツイートしたら、その日に体育祭をやっている公立高校を全部調べられて学校が特定されちゃったんです。その後「A子ちゃんの聖地巡礼してるよ」「A子ちゃんがよく行ってた学校の近くのカフェにいるよ〜」とか報告されたりして……。

辻:ちょっとゾッとしました! 恐いですね。A子さんは今は高校を卒業されていて、事後の出来事だからまだよかったけど、リアルタイムで場所が特定出来る投稿はしない方が良いです。例えば人気のカフェに行って「来てるよ〜」とツイートした場合、「カフェだからあと1時間はいるだろう」と、その場所にファンが来ちゃう場合もありますから。その場所を離れる時や後日アップしたほうがいいですね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。