ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

デビュー前からダイヤモンドの輝き……! 『GYAO!』音楽担当オススメの「超新人アーティスト」

ガジェット通信です。動画配信サービス『GYAO!』さんより情報提供いただき、『GYAO!』無料配信映像の中から『GYAO!』音楽担当さんのオススメ「超新人アーティスト」をご紹介します。

デビュー前からダイヤモンドの輝き……! 『GYAO!』音楽担当オススメの「超新人アーティスト」

こんにちは。GYAO!音楽担当です。
めっきり寒くなってきて、そろそろあったかい上着を買おうかな~、と考え始める時期ですね。でも、オシャレな人は夏の時点で冬のコートを予約しちゃうらしいですよ!
音楽も早耳な人ってなんだか「音楽ツウ」なイメージがありますよね。「○○くんが去年いいって言ってたバンド、最近名前よく聞くね! 音楽くわしいよね~」的な。
早耳な人の情報源はさまざまだと思いますが、今回ご紹介したいのは、とにかく「ネクストブレーク候補を先取りたい」アナタにおすすめの映像です。

GYAO!では、2つの音楽オーディション映像を無料配信中です。
そう、デビューを勝ち取るためにアーティストがしのぎを削って戦ったオーディション映像のなかに、ダイヤモンドの原石…未来のスターがいるかもしれません!

まずご紹介するのは、ソニーミュージック主催の「Feat.ソニーミュージックオーディション」。こちらは、“新機軸音楽トレンド創出オーディション”と銘打った、今までのオーディションの概念をくつがえすオーディションです。
書類やオーディション会場でのパフォーマンスに対して、審査員による選考で決まるのが一般的なオーディション。一方、このオーディションは候補者がWEB上で活動していき、ソニー独自のアルゴリズムで算出したポイントによるランキングで評価していきます。
WEBを通して視聴者の心をつかめるクリエイティブな活動ができたか、トレンドを作れたか、が鍵となります。

今年1月からスタートしたこのオーディション企画。1,000組以上の応募の中からファイナリスト6組(うち1組は9月に脱落)が選ばれ、10月9日には、東京・Zepp DiverCityでライブパフォーマンスによって1位を決めるファイナル審査が行われました。
GYAO!では、このファイナル審査の模様を配信中です。5組それぞれのアーティストが、個性あふれるパフォーマンスを披露。さすが、ファイナリストに選ばれただけある実力者たち。

単純に音楽だけで評価するだけではないところが、本当に斬新です。ぜひ映像を見て、ファイナリストたちのクリエイティブな発想に触れてみてください。優勝した女性アーティスト「あさぎーにょ」のオーラは必見。そのほかの4組も、良い意味でクセがあります。アナタの心にひっかかるアーティストが見つかるかもしれません!

もう1つご紹介させていただきたいのが、10代限定オーディション「未確認フェスティバル2018」。TOKYO FMほか全国38局で放送中の番組「SCHOOL OF LOCK!」と、インディーズや新人アーティストの音楽活動を支援する「Eggsプロジェクト」の共催によるオーディション。

GYAO!では、今年8月に東京・新木場STUDIO COASTでパフォーマンスした、ファイナリスト8組のライブ映像を配信中です。
応募総数3,067組の頂点に立ったバンド「マッシュとアネモネ」はもちろん、ファイナリストたちの初期衝動を感じるパフォーマンスはオーディションならでは。“初期衝動”と一口に言っても、若さや勢いを感じる曲から、計算された緻密さを感じる曲、ユニークで遊び心を感じる曲までバラエティーに富んでいます。
まだ何にも染まっていないからこそ生まれる音楽は、刹那的でロックですね。10代限定の“音楽の甲子園”と呼ばれる熱いオーディション映像を、ぜひご覧ください。

磨けば光る、輝く前の逸材のことを「ダイヤモンドの原石」と言ったりしますが、今回ご紹介した映像に出演するアーティストたちは、すでにキラキラしていてダイヤモンドのような輝きを放っています。将来の大物アーティストが生まれるかもしれないオーディション映像、お見逃しなく!

作品情報

■音楽リアリティ番組「Feat.ソニーミュージックオーディションFINAL in Zepp DiverCity」 #13
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10807/v0993900000000549182/[リンク]
■未確認フェスティバル2018
https://gyao.yahoo.co.jp/p/11279/v00001/[リンク]

(プロフィール)
猫想いEditor
音楽とコーヒーを愛するGYAO!音楽担当。
今年は当たりな新譜が多く同じものを繰り返し聴いてしまうので、色々聴くのが追いつかない日々です。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき