ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

使い捨てプラスチックの削減に向けて(欧州徒然草)

使い捨てプラスチックの削減に向けて

今回は川野祐司さんのブログ『欧州徒然草』からご寄稿いただきました。

使い捨てプラスチックの削減に向けて(欧州徒然草)

今日はEUが公表した廃棄プラスチックの削減に向けた戦略のお話です.詳しい情報は以下のページを見てください.

European Commission – Plastic Waste
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-18-5_en.htm

(2018年6月:記事の最後に追加情報があります)

環境対策は経済成長につながるか

出所:Special Eurobarometer 416 (2014), Attitudes of European citizens towards the environment, p.56.

Eurobarometer*1 はEUレベルで実施されているアンケートです.非常に広い範囲の分野でアンケートが実施されており,上図の環境に関するアンケートは3年に一度実施されています.上図のアンケート結果は2014年のものです.2017年の最新のアンケートからはこの設問が除かれています.

*1:「Public Opinion」『EUROPEAN COMMISSION』
http://ec.europa.eu/commfrontoffice/publicopinion/index.cfm/General/index

2014年のアンケート416に比べて,2017年のアンケート468ではプラスチックに関する設問が増えています.その中から一つ見てみましょう.

今回の戦略は,2015年に採択された循環型経済に関する行動計画の一環です.一部のニュース解説では,中国の廃プラスチック政策に対応したものとされていますが,たまたま時期が重なっただけです.

出所:Special Eurobarometer 468 (2017), Attitudes of European citizens towards the environment, p.79.

プラスチック袋の多くはレジ袋だと思われます.一度限りで捨てないで再利用すればYesになります.もちろん,レジで袋をもらわない人もYesになります.EUは2015年に1994年の指令(EUが作成する法律)を改正する形でレジ袋削減の対策を採っています.

 
今回のプラスチック削減戦略を進める理由として,EUはプラスチックによる海洋汚染を強調しています.ヨーロッパのビーチに打ち上げられるごみのうち,84%がプラスチックだそうです.しかも,ごみ全体の50%は使い捨てプラスチック製品であり,この部分を改善する必要があるというわけです.

使い捨て製品として,ライター,飲み物のボトルやキャップ,綿棒,衛生タオル,袋,お菓子の包装,ストローやストローを入れる袋,風船,食品のトレー,コーヒーなどのカップやふた,スプーンなどを挙げています.確かに,持ち帰りのアイスコーヒーをストローで飲むと,一度しか使わないプラスチック製品がごみになります.

 
海洋でさらに問題になるのはマイクロプラスチックです.マイクロプラスチックとは大きさが5㎜以下のプラスチック片のことです.化粧品,洗剤,塗料などにも含まれているプラスチックだけでなく,もともとは大きかったものが波にもまれて小さくなったものも含まれます.特に,波に長い間もまれると目に見えないくらい小さくなります.マイクロプラスチックは小魚などの体内に入り,食物連鎖を経て人間も食べています.

健康に与える被害は今のところ未知数ですが,私の記憶では2010年代初めころからヨーロッパではテレビのドキュメンタリー番組などで問題が取り上げられていました.なお,化粧品の中には日焼け止めクリームも含まれるのではないかと思います.日焼け止めに含まれる粒子が海洋を汚染して,最終的に人間の体内に取り込まれます.

 
では,EUの報告書,European Commision (2018), A European Strategy for Plastics in a Circular Economy, COM(2018) 28 final (SWD(2018)16final).*2 に基づいて戦略を見てみましょう.Link to Document1が本文,Link to Document2が今後修正する予定の法律のリストです.

*2:「Document 52018DC0028」『EUR-Lex』
https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CELEX:52018DC0028&from=EN

 
ヨーロッパでは年間2580万トンのプラスチックが廃棄されており,31%が埋め立て,39%が焼却処分されています.世界全体では年間500から1300万トンのプラスチックが海洋に投棄されていますが,そのうちEUは15万から50万トンを海洋に投棄しています.そのうちマイクロプラスチックは7万5000トンから30万トンと考えられています.

近年は生物分解性プラスチックが徐々に増えていますが,ラベル表記などの統一性がない問題やオキソ生物分解性プラスチックなど一部の商品は環境に悪影響を与えるなどの問題があります.

 
このような問題に対処するためのEUの戦略は大きく3つに分けられます.

第1の戦略は,プラスチックのリサイクルを進めることです.リサイクルを進めるために,リサイクルしやすいデザイン,リサイクル製品の需要の拡大,プラスチック製品の分別の促進を進めようとしています.リサイクルしやすいデザインとは,プラスチック製品への添加物の表示や統一化を指します.プラスチックは一見するとすべて同じように見えますが,実は種類がたくさんあるようです.添加物によりリサイクル手法が変わるため,これらがきちんと表示されていないとどうリサイクルしていいのか分からなくなります.特に包装に用いられているプラスチックは消費者が捨てるプラスチックの60%を占めているため,表示のルールなどの法制化を進める予定です.

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。