ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高尾山の紅葉シーズンに臨時の座席指定列車が運行!


都心から電車で約1時間という好立地から、紅葉シーズンになると多くの人で賑わう高尾山。紅葉シーズンである11月は来場者数が1年の中で最も多く、特に15~18時の帰りの電車に利用客が集中するという。

そこで京王電鉄は、利用客が快適にゆったり帰宅できるように、11月の土・日・祝日を中心に高尾山口発・新宿行きの臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を初めて運行することにした。


期間は11月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)、21日(水)~25日(日)の合計9日間。いずれも高尾山口駅を、平日は15:04発の1本、土・日・祝日は15:01発・17:09発の2本、運行する。

また、高尾山口駅から新宿駅まで途中駅での乗降は行わず、50分~60分後には新宿駅に到着することができる。

車両は「京王ライナー」と同様に5000系車両を使用し、座席数は各列車438席。座席はクロスシートで、座席指定料金は一律400円だ。

購入方法は高尾山口駅にて座席指定券を購入。購入可能時間は、運行日の朝7時から各列車の発車5分前まで。満席になり次第終了となる。

さらに、「Mt.TAKAO号」に乗車した人には木目調のオリジナル乗車記念カードが配布される。この時期だけの「Mt.TAKAO号」で、帰路はゆったり車窓を楽しみながら紅葉の余韻に浸ってみては。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。