ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カラオケの鉄人、なぜ50%オフ優待券をTwitterでばらまいたのか?

カラオケの鉄人、なぜ50%オフ優待券をTwitterでばらまいたのか?
50%オフ優待券のサンプル※この画像は使用できません/画像は株式会社鉄人化計画提供
カラオケの鉄人のスタッフとみられるTwitterアカウントが、全店で室料50%オフとなる「従業員のご家族・ご友人向けの優待券」というクーポンを投稿。

10月9日の投稿から2万6000件以上リツイートされ大きな反響を呼んでいます(10月11日時点)。

50%オフってそんな…うまい話、あるわけ…えっ?

室料半額!」の一言から始まるツイートには、店長と投稿者であるにごー(@_25j)さんとのやりとりが。

室料半額!

ぼく「Twitterで撒いていいんですか?」
店長「いいよ」
ぼく「しりませんよ?」
店長「おっけーって言われてるから」
ぼく「言ったな!」

スタッフの謀反じゃあぁ全店のカラ鉄でつかいまくってやれええ!!
拡散もおねっしゃす pic.twitter.com/2ekXiyO2va— にごー (@_25j) 2018年10月8日

Twitterで撒いていいんですか?」「しりませんよ?」と念押しするにごーさんに対して、店長は「いいよ」「おっけーって言われてるから」とコメント。

その結果、カラオケの鉄人を展開する株式会社鉄人化計画の従業員の家族・友人向けの優待券が、全世界に向けて拡散。パーティプランとの併用は不可ですが、予約時や受付時に提示するだけで、フリータイムでも室料が50%オフ、さらに期間中何度でも使えるだなんて……

そんなうまい話があるのだろうか?(ないでしょ〜)

と、思った人も多かったようで、カラオケの鉄人公式アカウントに問い合わせる人も。すると「はいこちらご利用いただけます♪ご来店お待ちしております!」と大変歯切れの良い回答が。

ほんとに使えるの???詐欺??????と言う声も見かけましたが、公式に問い合わせていただいた方がいるようで
お墨付きいただいたので安心してご利用ください!!!!https://t.co/1LnWhy5lYF— にごー (@_25j) 2018年10月10日

お墨付きもいただいたことで一安心。さっそく使っていきたい。なお、有効期限は11月30日(金)、11月30日(金)までです。

なぜ無料配布? 鉄人化計画に聞いてみた

いますぐにでもカラ鉄に行きたい気持ちはありますが、「なぜ今回のような施策を実施したのか?」についても、同じくらい気になります。

ということで、株式会社鉄人化計画に問い合わせてみました。やはり反響は大きく、当該のツイート以降「加速度的にこちらのクーポンの使用が増えている」(広報担当者)そうです。

──そもそもなぜこのような取り組み(クーポンの配布)を決定されたのでしょうか?

鉄人化計画 もともと、お世話になっているお取引先様等にクーポンを配布することは、定常的に取り組んでいました。

──公式アカウントではなく個人のTwitterから発信されたのはどのような経緯から?

鉄人化計画 各社員・スタッフ個人が身の回りの方にご案内する形で上記クーポン配布をおこなっております。

店舗営業部門のリーダーと店舗スタッフで話し合って、個人からTwitterで広げてみようということを決めたようです。

個人個人が創意工夫で「カラオケの鉄人」のファンを増やしていくという社風や考え方があるので、本社のマーケティング部門でガチガチに縛ることもありません。

──ここまで話題になることは想定していたのでしょうか?

鉄人化計画 実は期待していたようです!

──投稿から3日、実際に店舗でクーポンを使用される方が増えたといった反響はありますか?

鉄人化計画 はい、実数は申し上げられませんが、加速度的にこちらのクーポンの使用が増えています。

引用元

カラオケの鉄人、なぜ50%オフ優待券をTwitterでばらまいたのか?

関連記事

最も先鋭的でカオスな音楽家 Oneohtrix Point Neverトークセッションレポート
ミスターバトルMC晋平太が中高生に語った力強い言葉 ラップ教室レポート
『人狼殺』なぜ流行る? ゲーム実況で知るYouTubeの新たなムーブメント

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。