ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

どこに住んでいても最低賃金1500円以上が必要な5つの理由(福祉国家構想研究会blog)

どこに住んでいても最低賃金1500円以上が必要な5つの理由

今回は中澤 秀一さんのブログ『福祉国家構想研究会blog』からご寄稿いただきました。

どこに住んでいても最低賃金1500円以上が必要な5つの理由(福祉国家構想研究会blog)

【どこでも最賃1500円が必要な理由その1】
「ふつうの暮らし」を実現する費用に地域ごとの差はそれほどない

筆者は、マーケット・バスケット方式(全物量積み上げ方式)[注1]による最低生計費の試算調査を全国各地の労働組合の協力を得て全国各地で行っている。調査の目的は、健康で文化的な最低限度の生活(「ふつうの暮らし」、「あたりまえの生活」)を実現するために必要な費用を明らかにすることである。

[注1]マーケット・バスケット方式:生活に必要な物資の品目を個別的に積み上げて生計費を算出する方法で、健康で文化的な生活を営むために必要な生活用品やサービスの量を、たとえば穀類〇kg、肉類〇g、シャツ〇着、理容〇回等のように個々に積み上げていく。最低生計費の内容が具体的で分かりやすいことが、この方法の最大の長所である。

 ▼表1は、最近の2015~2016年にかけて実施された調査を中心に、これまでの試算結果(25歳単身世帯)をまとめたものである。なお、表中の盛岡市・さいたま市・静岡市の結果については、2017年9月20日放送のNHK「あさイチ」の特集*1 でも紹介された数字である。

*1:「日本の闇が炸裂! #あさイチ 給料明細、残業代、最低賃金」2017年9月20日 『togetter』
https://togetter.com/li/1152717

最低生計費試算調査若年単身世帯総括表

これまでの最低生計費調査によると、「ふつうの暮らし」、「あたりまえの生活」に必要な費用は、税・保険料込みで約22万~24万円(月額)で、全国どこでも大きな差がなかった。この金額を月の労働時間で除すれば、「ふつうの暮らし」を送るために必要な時給がいくらになるか明らかになる。表1の下から2段目の173.8時間換算[注2]および3段目の150時間[注3]換算の数字が、その金額である。つまり、最低賃金がこの金額に達していれば、誰もが「ふつうの暮らし」が可能になるための条件のひとつが整ったということになる。調査からは、少なくとも最低1300円(月173.8時間換算)ほど、できれば1500円以上(月150時間換算)あってしかるべきという結果が出た。しかし、表の最下段の数字が示すように、現在の最低賃金はその水準にとうてい達していない。すべての人が「ふつうの暮らし」をするためには、最低賃金は全国一律で1500円以上にしなければならないのである。

[注2]173.8時間:法定上での最も長い所定労働時間(月)
[注3]150時間:1980年代後半に、豊かでゆとりのある生活を実現するために、政府によって労働時間を短縮する目標として掲げられた労働時間が年間1800時間である。これを月あたりに換算すると150時間となる

 
「大都市の生活費は高く、地方は安い」という“常識”を否定する調査結果

調査では、ひとり暮らしをしている若者がどんな生活パターンを送っているのかを調べる「生活実態調査」と、ふだん使いをしている家電・衣服・日用品などの所有率を調べる「持ち物財調査」を実施し、それらのデータの分析を行った。ちなみに、2015~16年の調査(北海道、東北地方、新潟、埼玉、静岡、愛知)では、ひとり暮らしをしている若者のデータを約1000ケース集めて最低生計費の試算に用いている。

後述の4都市の比較をみれば分かるように、地域ごとにバリエーションがあり、その内容は少しずつ違っているものの、生計費じたいは、月額約22万~24万円(税・社会保険料込み)で、大きな差が見られなかったのだ。この事実は、これまでの「大都市の生活費は高いけれども、地方の生活費は安くて済む」という“常識”を否定する。

このことは、住居費と交通費との関係によって説明することができる。さいたま市など大都市は、家賃の相場が地方都市に比べると高くなる。しかし、電車やバスなどの公共交通機関が発達しているがために移動におカネがかからないのだ。反対に、地方都市では家賃は安く済むけれども、通勤や買い物など自動車がないと生活が成り立たず、ガソリン代や駐車場代を含めて車の維持費がかかってくる。つまり、住居費と交通費とが相殺関係にあるのだ。

食料、衣服、日用品については、流通が発達した現代にあっては、どこでも同じような価格で売っているのは、全国展開している量販店のチラシを見れば一目瞭然である。コンビニやスーパーで売っているペットボトル飲料の価格は、離島や観光地でもない限り、北から南まで同じであることは、ご存じであろう。

【どこでも最賃1500円が必要な理由その2】
「ふつうの暮らし」「あたりまえの生活」を実現するため

「ふつうの暮らし」「あたりまえの生活」って、なんだ?

現在の最低賃金ではあまりに低すぎて、それだけで「ふつうの暮らし」を実現することが難しいということは述べた。それでは「ふつうの暮らし」とは、どんな暮らしなのだろうか。調査を実施して改めて実感したことであるが、人それぞれが思い描く「ふつうの暮らし」があるのだ。最低生計費の試算にあたっては、地域ごとに労働者・市民の方々に集まっていただき、「ふつうの暮らし」とは何かについて議論し、合意形成をはかること行ってきた。

一人暮らしの若者が、「ふつうの暮らし」をするために必要な費用=月額約22万~24万円。この月額約22万~24万円で実現する「ふつうの暮らし」とは、どんな内容を想定しているのか。もともとマーケット・バスケット方式による算定は、食費や住居費など費目ごとに整理されており、何にどれだけの費用がかかっているのかが分かりやすいのだが、労働者・市民の方々のコンセンサスから想定された「ふつうの若者の暮らし」とは、どんな内容だったのかを詳しく紹介してみたい。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき