ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲーム好きほど楽しめる? マリオやゼルダで謎解きに挑戦! 映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』本編映像

2015年アメリカで4館から1600館に異例の拡大公開、さらには全世界で大ヒットとなり、クエンティン・タランティーノに「こんなホラーは観たことがない」と言わしめた『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の最新作『アンダー・ザ・シルバーレイク』が、10月13日(土)より公開となります。

今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、海外メディアからは「想像以上にドップリ、ハマった。」(Variety)、「ハンパなくブッ飛んだ野心作!」(AV club)、「ヒッチコックとリンチを融合させた悪夢版『ラ・ラ・ランド』だ!」(la Repubblica)などと評され、世界中を震撼させている本作。

そんな本作から、アンドリュー・ガーフィールド演じる主人公のオタク青年サムが、誰もが知る”日本カルチャー”をヒントに謎を解く劇中映像が解禁となりました。

【動画】『アンダー・ザ・シルバーレイク』マリオやゼルダで謎解きに挑戦する本編映像
https://www.youtube.com/watch?v=WIMhnSaVAGk

物語の舞台は、ダウンタウンとハリウッドの間に位置し、セレブやアーティストなど多くのクリエイティブな若者が暮らすLAの<シルバーレイク>。仕事もなく夢もなく、煌びやかなこの街に住むには似つかわしくないほど人生に失望していた、オタク青年サム。そんな彼の前に、サラという名の美女が隣に越してくる。人生を変える恋が始まろうとした矢先、突如彼女は姿を消します。

もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の香りをかぎとる。失踪したサラを見つけ出し、サムは無敵のオタク知識を総動員して闇に迫っていくが、次第に<シルバーレイク>の裏側に潜む陰謀に翻弄されていき……。

サラの失踪を始め、大富豪や映画プロデューサーらの謎の死、真夜中になると現れる”犬殺し”や、街を操る<裏組織>の存在…。本作には、<シルバーレイク>に潜む謎や陰謀を解き明かす重要なヒントとして、「マリオシリーズ」や「ゼルダの伝説」といった、任天堂の人気ゲームが数多く登場!

「ゲームは、普段の生活の中に無くなってしまった、謎とか冒険みたいなものを与えてくれる。私だけではなく、世界中の人がビデオゲームにすごくこだわりをもち、愛着があるように思います」と、ゲーマーを公言するデヴィット・ロバート・ミッチェル監督が仕掛ける、我々に馴染み深い日本カルチャーが多用されたトリックは、ゲーム好きなら楽しめること間違いなし!

今回公開となった映像は、ブレスレッドに刻まれた「NPM」という暗号をもとに、頭をフル回転させ謎を解き明かそうとするサムの姿を捉えた一幕。「NPM」という言葉に繋がるものを必死に探すサムだったが、それと一致しそうなものは一向に見つからない。しかし何気なく部屋の中を見渡し始めた瞬間、一冊の本を目にするとサムの表情が一変。カルチャーをこよなく愛するサムの部屋に積み上げられていたのは、歴代の「ニンテンドウ・パワー・マガジン」(1988年~2012年までアメリカで発行され、多くのゲーマーに愛されたゲーム雑誌)たち。すぐさまその山にサムが飛びつく姿が映し出され、その先の展開が気になるところで映像は締めくくられています。

果たしてサムは”NPM”を駆使して<シルバーレイク>の下に隠された闇を暴くことは出来るのか? 劇中に登場する日本カルチャーに注目しつつ、ぜひその行方をスクリーンでお確かめください。

(C)2017 Under the LL Sea, LLC

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。