ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“天丼×ラーメン”の奇跡のコラボを実現させた銀座のお店とは?

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。突然だが、天丼を食べながらラーメンを食べたことってあるだろうか? 炭水化物×炭水化物、しかも揚げ物にラーメンとなるとかなりパンチの効いた感じだが、この奇跡のコラボを成し遂げてしまったお店がある。

今年創業90周年の“銀座ハゲ天”が、“一風堂”を運営する力の源グループと共同開発で新業態“天丼・らぁ麺 ハゲ天”を銀座に今年3月にオープンしたのだ!

都内でもトップクラスのオシャレタウン・銀座で“天丼×ラーメン”とはかなり気合の入った企画! 若い層や海外旅行客を意識し、天丼に合うラーメンを一風堂に依頼して開発。天丼とラーメンをカジュアルに楽しんでもらおうというコンセプトだそう。

天丼とラーメンのセットメニューとして販売されているのが『天丼とらぁ麺』

らぁ麺の具はナルト、ネギ、メンマ、ゴマ。麺は超極細のストレート麺。作りとしては思いのほかライトかつあっさりでびっくり。こんなにライトで大丈夫か? と正直思った。

そして天丼をモグモグといただく。まず、揚げ方が素晴らしい。さすがハゲ天だ。サクサクの衣と程よい甘みのタレがいいバランスで、箸がどんどん進む。

ビックリしたのはこの後だ。天丼を食べた後、またラーメンに戻ると、凄いバランスで豚骨の旨味が広がってくるのだ。はじめに食べた印象とは全然違う。不思議だ。

この一杯、あくまで天ぷらと一緒に食べることを計算されて作られているわけだ。油モノの後に食べると、サラッとしているけど旨味だけじんわり広がってくる作り。麺も細くて丼のご飯に勝ってしまわないように工夫されている。まさに天丼を主役として引き立てる一杯だ。さすが一風堂!

これは考えられたセット。ボリューム面でも実はそんなに食べすぎた感はない。セットだとラーメンはミニサイズなので、意外とぺろっと食べられてしまうのだ。

お腹を空かせてぜひ銀座を訪れてみてほしい。新たな世界が待っているはずだ。

天丼・らぁ麺 銀座ハゲ天
東京都中央区銀座5丁目6−7銀座七宝ビル
03-3289-8910

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy