ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『It(原題)』、MTVアワードで新映像が公開
  • ジョゼフ・ゴードン=レヴィットのクールな表情にキュン! この夏オススメのSFアクション『LOOPER/ルーパー』
  • ドウェイン・ジョンソン、「世界で最も稼いだ男優」に選ばれる
  • 蝋で作られた映画キャラの胸像がリアルすぎる!
  • 米20世紀フォックス、カズ・キブイシのファンタジー小説『Amulet(原題)』を映画化へ
  • 『ファンタスティック・ビースト』監督インタビュー 「ニュートの成長を楽しみにして欲しい」
  • 【動画】『スター・ウォーズ』のキャスト陣、映画のテーマ曲をアカペラで見事に歌い上げる
  • 押井守×血のり女子高生! 清野菜名初主演『東京無国籍少女』の予告編公開
  • 大ヒット中『さらば あぶない刑事』面白さの秘密は? 脚本家・柏原寛司さんインタビュー「お客が待っている所は外さない」
  • 映画『ワンダーウーマン』、女性監督による実写版映画での興行収入記録を更新
  • 『バイオハザード コンプリートボックス』がいい仕事してる! あのレーザートラップルームを“箱”で完全再現
  • 【今週の“誰得”映画】『恋する弁当男子 TWILIGHT FILE VIII』
  • 【動画】映画『グランド・イリュージョン』続編、ダニエル・ラドクリフが出演する予告映像を公開
  • 『ワイスピ』監督と『マッドマックス』スタントチームが海中アクションを描くとこうなる! 『アクアマン』最新映像が到着
  • “アイドル映画”と侮るなかれ! 食わず嫌いしてたら損な傑作邦画が続々公開
  • 2016年サンダンス映画祭、ミッドナイト部門のラインアップ9作品が発表

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで無重力バックパック!? 移動時にかかる衝撃を86%軽減する『HoverGlide』が『Kickstarter』で目標額の3倍をあっという間に達成

米ペンシルベニア大学の生物学教授、ローレンス・ローム博士(Dr. Lawrence Rome)が立ち上げたLightning Packs社が、『HoverGlide』というバックパックの資金調達を『Kickstarter』で行っています。目標額の7万5000ドル(約847万円)に対し、すでに22万ドル(約2480万円)を超える支援が集まっています。

The Hoverglide Floating Backpack (YouTube)
https://youtu.be/to5OKjZsKRs

元々は、米国海軍研究所の依頼によりアメリカ軍兵士用に開発された『HoverGlide』。最大の特徴は、持ち手とバッグ部分がスライドで連結されていて、重たい荷物を背負いながらの移動時にかかる衝撃を86%軽減する点です。特許取得済みのサスペンデッド・ロード・テクノロジー(Suspended Load Technology)がこれを可能にしています。

『HoverGlide』は、トレッキング、ハイキング、通勤、兵士・警察官・消防隊員・救急隊員と用途別に4種類が用意されています。399ドル(約4万5000円)から支援可能。

HoverGlide: World’s First Floating Backpack
https://www.kickstarter.com/projects/lightningpacks/hoverglide-worlds-first-floating-backpack?lang=ja[リンク]

通勤・通学、買い物や旅行など日本でも『HoverGlide』が活躍できそうなシーンは数多くありそうですね。肩こりや腰痛持ちの方が外出する際にも活躍してくれそうです。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=to5OKjZsKRs

※ソース:
https://www.kickstarter.com/projects/lightningpacks/hoverglide-worlds-first-floating-backpack?lang=ja
http://www.lightningpacks.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。