ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EOS Kiss MのスマホWi-Fi自動転送はとても便利

キヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS Kiss M」から対応が始まったスマートフォンへの Wi-Fi 自動転送はやっぱり便利でした。
本記事では自動転送の仕組みや簡単なセットアップ方法をご紹介します。
これまでカメラの写真や動画を PC やスマートフォンに転送するにはカメラ側で Wi-Fi 接続を有効にして転送したいものを選択し、送信ボタンを押す操作が必要でしたが、EOS Kiss M の自動転送を利用すると勝手に転送されるので、撮影後にスマートフォンでチェックしたりシェアすることができます。
ただ、自動的に転送されるのはカメラとスマートフォンを接続状態にしている間に撮影したものだけです。
この自動転送機能は、「Canon Camera Connect」の機能として実装されておりスマートフォンとカメラを Wi-Fi で接続した後に、アプリの「自動転送」を ON にすると機能が有効になります。
自動転送の設定はトグルスイッチを ON / OFF するだけなのでいつでも手動転送に切り替えることができます。
EOS Kiss M の自動転送はアクセスポイント経由の接続モードとダイレクト接続モード(カメラ内蔵のアクセスポイント機能)の両方で利用でき、またスマートフォンとだけでなく、PC でも可能です。
カメラの Wi-Fi 接続モードは比較的簡単に切り替えられるので、アクセスポイントの無い出先ではダイレクト接続モードで自動転送し、自宅やスタジオ内ではアクセスポイントに繋いで自動転送する、といったことが可能になります。
また、一旦カメラ側でスマートフォンとの接続を済ませるとスマートフォン上の Camera Connect アプリは閉じても自動転送されるのでスマートフォンが自由になります。
ただ、自動転送では全ての写真や動画が転送されるので、連写をしまくる撮影ではスマートフォンのストレージを多く消費してしまうので注意する必要があります。

■関連記事
Android版Chrome 69でマテリアルデザインの新テーマが有効に、ディスプレイカットアウトもサポート
Apple、「iPhone Xs」「iPhone Xs Max「iPhone XR」を正式発表
Google Playギフトカードのデザインが新しくなりギフトコードのネット販売も開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。