ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

誰でもアンディ・ウォーホル気分に! 『Zoff』からコラボデザインの新作シリーズが登場 展示会へ行ってみた

top

アイウェアブランド『Zoff』がポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルとコラボしたシリーズ “I’M ANDY WARHOL” が9月14日より登場。発売前日には新作を展示発表したプレスレセプションが開催。記者が参加してきました。ポップアートが随所に盛り込まれた新製品をご紹介します。

top2

新作のウォーホルシリーズメガネで記念撮影

%e5%85%a5%e5%8f%a3%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

受付をすませるとさっそくアンディ・ウォーホルに扮したスタッフの方がお出迎え。ここではなんとアンディ・ウォーホルのアートで彩られた壁面とともに新作シリーズを身に着けて写真を撮るサービスが。

%e6%92%ae%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%8c%e3%81%ad

お気に入りの眼鏡を選んでかけて「パチリ!」。はやくもその世界観に引き込まれていきます。

新製品“I’M ANDY WARHOL”は3シリーズ

%e5%86%85%e8%a6%b3%e5%85%a5%e5%8f%a3%e3%81%ae%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d %e5%ba%97%e5%86%85%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%aa%e3%81%a9

店内をさらに奥へ入っていくと一面銀世界が広がります。

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a8%e9%a2%a8

アンディ・ウォーホルの創作アトリエがシルバーでできていたことから、シルバーの展示イメージに。

ueno%e3%81%95%e3%82%93

“I’M ANDY WARHOL”シリーズの特徴について『Zoff』のクリエイティブデザインを担当される上野博史さんにお話を伺いました。

アンディ・ウォーホルの数々の名言の中の、「In the future everybody will be world famous for fifteen minutes(誰もが15分間有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう)」という言葉が、今回のコレクションテーマになっているそう。

シャープさがプラス! メタリックな『Silver Factory(シルバーファクトリー)』ライン

%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

『Silver Factory(シルバーファクトリー)』は、メタリックで作られたシャープなデザイン。「最近のトレンドとして、メタリックなものに人気がまた戻っています」と上野さん。

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%ab

鋲のデザインにはダ ブルクウォーテーションマーク(“”)がアイコンとして落とし込まれています。

%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

『Silver Factory(シルバーファクトリー)』のメタリックタイプを筆者も試してみたところ、つけ心地が軽い!

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%ab%e9%a2%a8%e3%83%97%e3%83%a9

『Silver Factory(シルバーファクトリー)』の中にはプラスチックのフレームををメタルで表現したものも。優しい丸みを帯びたフレームデザインとメタリックらしい雰囲気のシャープさの組み合わせが絶妙。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき