ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Jリーグ:川崎F田坂祐介が発起人に! 広島豪雨災害支援のクラウドファンディング「#ミンナノチカラ」募集中

tasaka_cf_01

西日本を中心に襲った平成30年7月豪雨。特に広島県では死者108名、行方不明者6名、全壊1029棟、半壊2888棟、一部損壊1898棟、床上浸水2926棟、床下浸水5009棟など、大きな被害を受けました。

そんな中、広島県出身でJ1川崎フロンターレに所属するMF田坂祐介選手が発起人となったクラウドファンディング「#ミンナノチカラ」が朝日新聞社のクラウドファンディングサイト『A-port』でスタート。目標金額は400万円で、到達にかかわらず2018年12月21日23:59までに集まった金額が広島市安佐北区で支援活動を行っているNPOやボランティア団体の活動資金に充てられます。

参加しているのは田坂選手のほか、レノファ山口の高柳一誠選手、FC東京の森重真人選手、Vファーレン長崎の増田卓也選手、ロアッソ熊本の中山雄登選手、サンフレッチェ広島の渡大生選手、川辺駿選手、ヴァンラーレ八戸の元田龍矢選手。いずれも安佐北区の少年サッカーチーム・広島高陽FC出身です。

支援額は3000円から。お礼&活動報告メールのほか、サイン入りトレーディングカード(3000円)、ミンナノチカラメンバー寄せ書きサイン色紙(10000円)、サイン入りサッカーボール(30000円・限定25名)、サイン入りユニフォーム(50000円・限定20名)、試合観戦チケット&試合後に選手と写真撮影(100000円・限定10名)、試合観戦チケット&サイン入りサッカーボール&サイン入りユニフォーム&試合後に選手と写真撮影(200000円・限定5名)がリターンとして用意されています。

「東日本大震災や熊本地震の時と同様、時間が経てばメディアの露出も減り、人々の興味は被災地から離れますが、災害の復興には時間とお金が必要で継続的な支援が不可欠です」という今回のクラウドファンディング。2018年シーズンからサンフレッチェでプレーする渡選手は次のようにツイートして支援を呼びかけています。


少しずつ回復はしていますがまだまだ
ご協力が必要です。
よろしくお願いします!!

広島出身Jリーガー平成30年7月豪雨復興支援 #ミンナノチカラ(A-port)
https://a-port.asahi.com/projects/minnanochikara/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。