ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どんなニオイ? 宇宙の香りが広がる『アロマジェルライト』が発売

みなさん、宇宙ってどんなニオイがするか聞いたことがありますか? 宇宙の香りが広がる、『Scent of Cosmo アロマジェルライト』が天体望遠鏡、双眼鏡を取り扱う総合光学機器メーカー・ビクセンから明日2018年9月14日(金)に発売。

『Scent of Cosmo アロマジェルライト』は、甘酸っぱい宇宙の香りを再現したアロマジェル。

宇宙には空気がないので、香りを感じることができません。しかし、宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服は、宇宙ステーションに戻るとフルーツのような香りに包まれているそうです。

その香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベリーやパイナップルなどのフルーツに多く含まれていて、様々な香りの原料としても使用されています。

実際に、金属を溶接するときのようなニオイの中に、甘いラズベリーのようなニオイがする、というのは宇宙飛行士たちの証言の中で度々言われていること。

今回のアロマジェルライトでは「ギ酸エチル」をイメージしながら、3種類の香り(ラズベリーミックス・シトラスミックス・アナナス)を用意。

ラズベリーは冬の星空、シトラスは夏と秋の星空、アナナスは春と夏の星空と、香りごとにデザインと色を変更。

形状に合わせた独自デザインのため、実際の星の配置とは異なりますが、LEDライトを点灯させると、星座を描いたデカールとジェルにちりばめられたラメが輝きます。お部屋の壁際に置くと、プラネタリウムのように星の光が壁に映し出されることも。

LEDライトは電池(CR2032×2個)交換式で、ジェルは減少しないため、香りがなくなった後もインテリア用のライトとして楽しめます。

『Scent of Cosmo アロマジェルライト』で、宇宙飛行士たちが感じる宇宙の香りに思いを馳せながら、至福のリラックスタイムをお楽しみください。

『Scent of Cosmoアロマジェルライトラズベリーミックス』
<発売日>2018年9月14日(金)
<価 格>オープン
<商品コード>71301
<JANコード>4955295713011
<製品ページ>
https://www.vixen.co.jp/product/71301_1/

『Scent of Cosmoアロマジェルライトシトラスミックス』
<発売日>2018年9月14日(金)
<価 格>オープン
<商品コード>71302
<JANコード>4955295713028
<製品ページ>
https://www.vixen.co.jp/product/71302_8/[リンク]

『Scent of Cosmoアロマジェルライトアナナス』
<発売日>2018年9月14日(金)
<価 格>オープン
<商品コード>71303
<JANコード>4955295713035
<製品ページ>
https://www.vixen.co.jp/product/71303_5/[リンク]

<Vixen WEBサイト>
株式会社ビクセン  https://www.vixen.co.jp/[リンク]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。