ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狂ったニコラス・ケイジが狂ったカルト集団をブッ潰す! 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』日本公開

注目作揃いの2018年秋のホラー・スリラー映画戦線に、ひときわヤバイ映画が参戦決定。ニコラス・ケイジが主演を務める『MANDY』が、邦題『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』として11月に日本公開です。

ニコラス・ケイジが演じる主人公レッドは、愛する妻・マンディと人里離れた場所で静かに暮らす男。しかし、狂気のカルト集団にマンディを惨殺されたことで、レッドは怒り狂い、復讐の鬼と化すのです。手製のオリジナルの武器を携え、憎い奴らを皆殺しにすべくカルト集団のアジトへと乗り込んだレッドの運命は――!?

これがオリジナルの武器です。かっこよすぎか。

併せて予告編も解禁となりました。あまりの怒りで泣いたり叫んだり血まみれになったりするラグランTシャツ姿のニコラス・ケイジの姿や、やたらと長いチェーンソーでのタイマンバトル、バイクに乗ったカルト集団の尋常ではない様相など、わずか1分20秒のあいだに見どころが盛りだくさんです。なんなのこの映画(褒めてる)。

動画が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

監督は、今作でカンヌ映画祭やサンダンス映画祭で観客を騒然とさせた新鋭パノス・コスマトス。『ランボー/怒りの脱出』や『コブラ』を手掛けたジョルジ・パン・コスマトス監督のご子息だそうです。音楽は『ボーダーライン』『メッセージ』『マザー!』を手掛け、惜しくも亡くなったヨハン・ヨハンソン。

映画批評サイト ロッテン・トマトで批評家満足度97%を記録していた今作、先程確認したら満足度98%まであがっておりました。す、すごい……。アメリカでは9/14公開ですので、これからますます話題が広まっていくものと思われます。日本公開を楽しみにお待ち下さい!


作品概要

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』
2018年11月10日(土)日本公開

監督:パノス・コスマトス
音楽:ヨハン・ヨハンソン 『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』
出演:ニコラス・ケイジ『ゴーストライダー』、アンドレア・ライズブロー『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、ライナス・ローチ『フライト・ゲーム』
2017/ベルギー/カラー/英語/121分 原題MANDY
配給:ファインフィルムズ  公式サイト:www.finefilms.co.jp/mandy

(C) 2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy