ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レンジのみで作る『とろとろ親子丼』 山本ゆりさんのTwitterレシピが便利すぎる

%e3%82%84%e3%81%be%e3%82%82%e3%81%a8%e3%82%86%e3%82%8a

一品で食事として完成する“丼”モノ。面倒なときの献立としてお役立ちの存在ですよね。

鶏肉、トロ~リたまご、そしてごはんが三位一体となった『親子丼』。そんな親子丼が“具材を入れてレンジでチンするだけ”……という魅力的な調理方法でツイート投稿されています。

【簡単!レンジでとろとろ親子丼】
耐熱容器に玉ねぎの薄切り少し、角切り鶏もも肉80g、めんつゆ(濃縮2倍)大さじ2と1/2、砂糖小さじ1、水大さじ4を入れ、ラップなしでレンジで3分半チン。溶き卵2個分を表面に流し、混ぜずに1分10〜20秒チン。ゴムベラ的なもんでご飯に滑らせるだけ!
コツなど↓

と、料理コラムニストの山本ゆり(syunkon)さん([リンク])がツイート。具材をレンジに順番通りかけるだけ。これなら鍋の洗い物もなく作れそう……!

さらに続けて、山本ゆりさんから作り方コツがツイート。

●600W
●玉ねぎはできるだけ薄く、鶏肉も小さめに
●つゆ多めです✨
●時間があれば、1回目の加熱後一度冷ますと鶏肉の中まで味が染みます(お鍋でも同じですが)
●卵を表面に流したら決して混ぜたり触ったりせずそのままレンジへ
●「親子丼は飲み物だ」という方は周囲が固まりかけたら即流して

具材を小さくしておくことと、トロトロが好きな人は周囲が固まったらOKの模様。

お鍋やフライパンで作るのも手間に大差ないですが、コンロ塞がってたり、加熱中目を離したい時なんかに是非。

追記
●まだ生なら20〜30秒追加加熱
●めんつゆが濃縮3倍なら大さじ2弱、4倍なら大さじ1強
●めんつゆがなければみりん大さじ1、醤油大さじ1弱、砂糖小さじ1、だし汁大さじ4(または水大さじ4にだしの素小さじ1/2)
●豚肉と長ネギでも◎

火を使えない時、火加減調節が苦手な方にオススメです!

また、生っぽいときの過熱時間や、めんつゆの濃縮方法についても追加アドバイスがツイート投稿。懇切丁寧な解説って助かりますよね。

レンジで簡単親子丼お試しあれ。

画像提供:
山本ゆり(syunkon)さん
https://twitter.com/syunkon0507([リンク]

ペリメニの記事一覧をみる
ペリメニ

記者:

2017年からネットウォッチャーを始めた新米女性記者。モチモチは正義。

ウェブサイト: https://getnews.jp/archives/author/perimeni

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。