ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その高さ1キロメートル――世界一の高層ビルが香港に誕生 高級マンションと複合施設一体型『ザ・パール』のここがすごい

pearl

世界一高いビルといえば、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」。その高さは828mで、日本一高い建造物である「東京スカイツリー」の634mを優に超えている。しかし、そのブルジュ・ハリファをも凌駕する、超高層ビルが香港に誕生。1kmの高さを誇る『ザ・パール』が現在入居者を募集中だ。

『ザ・パール』は、”雲の上で暮らし、働き、遊ぶ”をテーマに、住居スペース、ショッピングモール、映画館、ゴルフ練習場、植物公園、展望台までをも擁する超高層都市。香港一、アジア一、世界一とも呼べるこのラグジュアリーさは、天上の神達もうらやむであろう。

ザ・パール

「これはただの超高層ビルではない。それはアイデア、哲学、夢である」と語るのは、『ザ・パール』の建築家であり、オーナーのツァオ氏。中国の寓話「ザ・ドラゴン・パール(龍と珠)」にインスパイアされた、最上階の巨大パールはこの建造物の象徴でもある。この美しいヴィジュアルをデザイン監修したのは「ブルジュ・ハリファ」デザイナー、エイドリアン・スミス氏。香港の新しいランドマークとなることであろう。

ザ・パール

また、驚くべきはこの『ザ・パール』が自足型であるということ。建物全体に備え付けられた「風力タービン」による最先端の自然発電技術で、ビル全体に電気を供給している。100階には豊かな自然と触れ合う事が出来る「ジェイド・パーク」もあり、最高の便利さと快適さを得ながら、エコロジーも両立しているという、ツァオ氏のこだわりに感服することしきりである。

セキュリティ面も、常時300人の警備員、AIによる監視システムで24時間365日、その安全はお墨付きだ。

東京から4時間ほどで到着する香港。100万ドルの夜景、美食、あらゆるエンターテインメントを旅行で楽しむのも良いが、この『ザ・パール』で香港に暮らし、天空からその美しさを見つめる生き方が最上級の大人の贅沢なのでは無いだろうか。

ザ・パール

『ザ・パール』は2018年9月21日より見学開始。詳しくは『スカイスクレイパー』で検索を。

【『ザ・パール』概要】

高さ:1,066m
階数:240階
総重量:100万トン
外装:12万枚のガラスと鋼鉄パネル
階段:4,000段(地階から最上階まで)
エレベーター:70基の高速エレベーター
自然災害対策:耐風性は200/mph(秒速約89メートルまで)
       耐震性はマグニチュード8まで
防火設備:10階毎に耐火コンクリート製の加圧避難室を設備
セキュリティ:常時300人の警備員が駐在

スカイスクレイパー

【※注意※】 このマンション広告はパロディです! 実際に超高層ビル『ザ・パール』をご覧になりたい方は、映画『スカイスクレイパー』をチェックしてくださいね!

『スカイスクレイパー』特集
https://getnews.jp/skyscraper

ヴィジュアル作成:@_olo_(https://twitter.com/_olo_)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。