ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いとうせいこう・吉田戦車も さくらももこ偲ぶ「ギャグセンスは当代一。あんな切れてる才能はない」

さくらももこ先生が8月15日に乳がんで逝去された発表を受け、いとうせいこうさんや吉田戦車さんがTwitterでコメントした。

さくら先生のエッセイに名前が登場したり、度々お仕事もされたりと親交の深かった2人ですが、吉田戦車さんは『ちびまる子ちゃん』公式の訃報報告ツイートをリツイートし、「ええええええええ⁉」と反応。

「悲しいなー。」「大好きでしたよ、さくらさんのギャグが。」とコメントした。

いとうせいこうさんも「少し会ってない間に何が……。」「さくら、そうだったのか…。」と突然の訃報に驚きの言葉を綴り、

さくらももこのギャグセンスは本当に当代一であった。あんな切れてる才能はなかった。「清水次郎長の何かを一緒に作ろう」と言うのが数年前の約束。義理人情に厚いやつだった!

とコメント。

さらに、

あの頃、「この才能を『ちびまる子ちゃん』だけでほのぼの終わらせるわけにいかない」と週刊スピリッツの江上さんに売り込んで別作品を掲載させてもらったんだけど、出来上がってきたのが『神のちから』で、俺の想像の10倍ぐらいのそのナンセンスぶりにほんと腰抜けた。

と、さくら先生を偲んだ。

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy