ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

輪ゴムを駆使したグラップラー刃牙・花山薫コスプレが話題!正体は“よしもとが誇るゴム使い芸人”だと判明

漫画『グラップラー刃牙』の登場人物、花山薫(はなやま かおる)に扮した人物の画像がTwitter上で「そっくりすぎる!」と話題になっている。

原作のイメージを損ねない白スーツにガチムチの肉体……そしてなにより見る者のツボを突く、傷跡を模した輪ゴム!

画像の拡散元になったツイート主からして

「その傷痕の作り方、天才だな!?!?!?!?」

と驚愕しているが、他のTwitterユーザーからも12万件を超えるいいねと

「発想の勝利すぎる。 天才だ。」

「これはスゴイ、板垣 恵介先生から何かもらえるかもよ。」

「輪ゴムの傷も良いが、ネクタイの締め方、シャツ、スーツのシワなどのクオリティもジワる。」

など数多くの賞賛のコメントが寄せられている。

筆者も、この捨て身とも言える大胆な発想と実行力にはものまね四天王・清水アキラさんのセロテープ芸に匹敵する凄みを感じた。


そして気になる“ゴム花山”の正体だが、拡散元のツイートにお笑いタレントおばたのお兄さん

「よしもとが誇る、ゴム使い芸人です。」

と指摘したことにより、実は吉本興業所属の芸人である富田純基さんであることが判明。

お世辞にも売れているとは言えないが、女性の相方うぶのハツナさんと結成した『ふりいくっ!』というコンビでオタクネタやアニソンネタを披露しているそうだ。

今回の意外なブレイクに富田さんは

「この輪ゴム使った花山薫やり始めて、3年経つんですけど、自分の力じゃ中々広まらなかったのに、一日でこんなにみなさんに知ってもらえてありがたい限りです。 コミケで写真撮っていただいた方、ツイートしてくださった方、リツイートやいいねしてくださった方、みなさんありがとうございます。」

と感謝の意を表明。

長い間の努力が実っておめでたい限りだ。

これを機会に芸人としても活躍の場が増えることを願ってやまない。

※画像は『Twitter』から引用しました

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき