ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

政治ソングでアメリカ1位は難しい?ガンビーノの銃乱射とガガの同性婚(辰巳JUNKエリア)

政治ソングでアメリカ1位は難しい?

今回は辰巳JUNKさんのブログ『辰巳JUNKエリア』からご寄稿いただきました。

政治ソングでアメリカ1位は難しい?ガンビーノの銃乱射とガガの同性婚(辰巳JUNKエリア)

ガンビーノの銃乱射とガガの同性婚

 CINRA.NET『“This Is America”に揺れる現代と、リオン・ブリッジズの物語 *1 』で触れたチャイルディッシュ・ガンビーノ『This Is America』。寄稿コラムにおいては、様々な社会問題を描いた作品であることを紹介した。こちらの記事では「アメリカで政治ソングが1位を獲得することは稀なこと」、だからこそ「10年代USで首位に輝いた2つの政治ソングはその内容とタイミングが的確だったこと」を伝えたい。

*1:「 “This Is America”に揺れる現代と、リオン・ブリッジズの物語」2018年05月23日 『CINRA.NET』
https://www.cinra.net/column/201805-leonbridges

『This Is America』のような政治/社会問題ネタはヒットしやすいのか?


「Childish Gambino – This Is America (Official Video)」 『YouTube』
https://www.youtube.com/embed/VYOjWnS4cMY

 2018年5月、チャイルディッシュ・ガンビーノ『This Is America』がHOT100首位デビューを飾った。とくに話題を呼んだのはハイコンテキストなMVだ。リリースされるやいなやネットやメディアで数多の考察を巻き起こした。その注目度を立証するように、初週ストリーミングの68%がMV視聴となっている※1。『This Is America』以前のガンビーノのチャート最高記録は12位。彼にとっても大きな飛躍だったことがわかる。そこで見かけたある意見:「ガンビーノはヒットしやすい政治ネタで1位を獲った」。確かに、明らかに政治的とされる社会問題を描きながらも真意がハッキリとしない本作は“考察合戦”を呼ぶ作りだ。アメリカ社会の現状を批判する内容であることは歌詞を聴いただけでわかる。注目度の高い社会問題はマスメディアにも報道されやすいだろう。しかしながら「政治ネタをやればヒットしやすい」旨には疑問を呈したい。アメリカのHOT100においては、むしろ政治性が無いほうが高順位を狙いやすいのが通説だからだ。

2010年代US1位の政治ソングはたった2曲?HIPHOPヒットも政治性は薄い

歴史的に、政治的メッセージやシリアスな社会問題を描く楽曲がチャート1位を獲得することは非常に稀です

– What Was The Last Political Song To Hit No. 1 Before Childish Gambino’s ‘This Is America’? *2

*2:「What Was The Last Political Song To Hit No. 1 Before Childish Gambino’s ‘This Is America’?」2018年05月16日 『Forbes』
https://www.forbes.com/sites/joevogel/2018/05/16/what-was-the-last-political-song-to-hit-no-1-before-childish-gambinos-this-is-america/#72d82c915acc

CNN *3 のハンター・シュワルツは『This Is America』を「レディー・ガガ『Born This Way』以来はじめて首位を獲得した明確に政治的な楽曲」と位置づけている。たしかに、トランプ政権期の首位シングルを振り返っても『Despacito』『God’sPlan』『Shape of You』など「明確なポリティカル・トラック」とは言われないであろう曲ばかりだ。「政治的」の定義をどうするかという問題はあるが……これが複数メディアの見解である:ヒットを狙うならば、リスナーを選んでしまう「政治要素」は少ないほうが良い。 Forbes *4 のジョー・ヴォーゲルは、政治的プロテストや社会的意識の高いNo.1ヒット曲は70-80年代に比較的多く、90年代から減少していったとしている。この通説は、政治的プロテスト性が強いとされるHIPHOPにおいても適用されるかもしれない。

*3:「Most political songs don’t go No. 1. ‘This is America’ just did.」2018年05月15日 『CNN International』
https://edition.cnn.com/2018/05/15/politics/this-is-america-goes-no-1/index.html

*4:「What Was The Last Political Song To Hit No. 1 Before Childish Gambino’s ‘This Is America’?」2018年05月16日 『Forbes』
https://www.forbes.com/sites/joevogel/2018/05/16/what-was-the-last-political-song-to-hit-no-1-before-childish-gambinos-this-is-america/#71ee1a25acc2

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy