ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「Get Wild」に鳥肌! 約20年ぶり新アニメ『劇場版シティーハンター』2019年2月公開!特報映像解禁

原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”『シティーハンター』が、2019年に長編アニメーション映画として復活! しかも、冴羽獠(さえば・りょう)役に神谷明さん、槇村香(まきむら・かおり)役に伊倉一恵さんというオリジナルキャストの続投が発表され大きな話題となりました。そして劇場公開日は2019年2月8日(金)に決定! 早くも特報映像が解禁されました!

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。

2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司先生による原作は 1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。1987年にサンライズ制作でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっています。

今回の特報映像は、約20年ぶりの『シティーハンター』新規アニメーション映像となり、本作を代表する名曲「Get Wild」(TM NETWORK)と共に、夜の街を爆走する獠の愛車、銃を放つシーンが興奮を呼び覚まします! もう、最初のイントロが流れてきた時点で映像と組み合わさった懐かしさで胸が締め付けられる人も多いのではないでしょうか!

さらに野上冴子、海坊主、美樹という人気キャラクターと彼らのオリジナル声優キャストの再結集も発表!


動画:「劇場版シティーハンター」特報 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー
https://youtu.be/4TnImjHwb7U[YouTube]

<冴羽 獠(リョウ) 役・神谷 明さんコメント>
「劇場版シティーハンター」が動き始めました。新企画の実現に向けて頑張り続けてくれたスタッフの皆様に感謝ですね。現在の思い、正直言うと冴羽獠を演じられることの嬉しさと、あの頃のように演じることが出来るのだろうかという不安が半分半分です。でも、本当に動き出したというワクワク感はあります。
シナリオを読ませていただいて、今回の映画の中にも、格好良い獠、優しい獠、おバカな獠そしてちょっぴりエッチな獠が出てきます。その千変万化する冴羽獠を楽しむために、声はもちろん準備を怠らないようにしたいと思っています。とにかく、スタッフ一同来年2月8日の公開に向けて、緊張のうちにも充実したスタートを切れたと言ってよいと思います。

スタッフ陣は、こだま兼嗣総監督(『シティーハンター』『名探偵コナン』)のもと、新たにキャラクターデザインで高橋久美子さん(『機動戦士ガンダムUC』)、チーフ演出に佐藤照雄さん(『アイカツスターズ!』)、京極尚彦さん(『ラブライブ!』)らの参加が決定し、『シティーハンター』オリジナルスタッフと初参加のクリエイターを織り交ぜたアニメファン垂涎の組み合わせが実現。

加えて今回特報と共に、新ビジュアルも解禁となりました。暗闇の中、赤い炎に照らされたかのような冴羽獠がハードボイルドに描かれており、特報映像のラストで彼が言う「この街には、俺のような男が必要なのさ」というセリフが銃の硝煙の先に浮かび上がります。「現代の新宿」で巻き起こる新しい『シティーハンター』の中で、冴羽獠はどんな悪に立ち向かい、如何なる闘いを見せるのか―――。

作品名:『劇場版シティーハンター(仮題)』
原作:北条司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」)
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」)
キャスト:神谷明、伊倉一恵、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子
総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
音楽:岩崎 琢
編集:今井大介(JAYFILM)
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス

公式サイト:
https://cityhunter-movie.com/

(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき