スマートホステル“&AND HOSTEL ASAKUSA STATION”が8月1日開業へ タブレットにより周辺のレストランや観光スポットの情報も提供

access_time create folderデジタル・IT
スマートホステル“&AND HOSTEL ASAKUSA STATION”が8月1日開業へ タブレットにより周辺のレストランや観光スポットの情報も提供

スマートロックやスマート照明などのIoT機器を宿泊客が利用できる“IoTルーム”を擁し、福岡や上野など全国5か所で展開しているスマートホステルの“&AND HOSTEL”。2月にはスマートスピーカーを備えた“&AND HOSTEL AKIHABARA”をご紹介しましたが、8月1日から浅草に新店舗“&AND HOSTEL ASAKUSA STATION”を開業します。

秋葉原のスマートホステル“&AND HOSTEL”で備え付けの『Google Home』からIoT機器の音声操作や音声通知が利用可能に
https://getnews.jp/archives/2017844[リンク]

andhostel_asakusa2 andhostel_asakusa3 andhostel_asakusa4

TX浅草駅から徒歩4分の立地。スマートスピーカーを含むIoT機器が利用できる“IoT Double Room”が5室、ドミトリー形式の“Smart Dormitory”が60床、提供されます。

andhostel_asakusa5 andhostel_asakusa6

“IoT Double Room”では、宿泊客に部屋の鍵としてスマートフォンを貸与。専用アプリから鍵を開ける、電気をつける、エアコンをつけるなどIoT機器を直接操作するほか、「Wake up!」「I’m home!」「Go out!」「Concentrate」「Relax」「Sleep」の6パターンのシーンに応じて環境を整えます。たとえば、起床時に「Wake up!」ボタンを押すとカーテンが開き、『Google Home』から音楽が流れ、テレビがつき、アロマディフューザーや空気清浄機が動作するなど、複数デバイスが一斉に動作します。

IoT機器は、ホームオートメーション向けの無線通信プロトコルであるZ-WAVEでゲートウェイに接続するので、個別にBluetoothやWi-Fiに接続が不要。スマートフォンはWi-Fiでゲートウェイに接続し、機器をコントロールします。これにより、電波の干渉がなくなり通信が高速化するほか、ホテル施設に機器を設置する開発コストが削減できるとのこと。

andhostel_asakusa7 andhostel_asakusa8

ラウンジの混雑度合いやシャワールームの空き状況もアプリから確認可能。ドミトリーの利用者は、QRコードで表示されるサイトから空き状況を確認することができます。

andhostel_asakusa9

『Google Home』はシーン設定の音声操作が可能なほか、「ラウンジが混んできましたよ」「除湿しませんか」など、センサー情報をトリガーにして自発的に音声案内するサービスを提供します。

andhostel_asakusa10

“IoT Double Room”には、ホテル客室向けのタブレットサービス『tabii』が稼働するタブレットを設置。ホステル周辺の飲食店や観光スポット、コンビニ、外貨両替所などの情報を提供します。将来的にはIoT機器の動作からユーザーの行動を把握し、宿泊管理システムに登録されたユーザー属性と合わせてパーソナライズ化した情報の提供を検討しているとのこと。

&AND HOSTEL|日本初のスマートホステルブランド【公式】
https://andhostel.jp/

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧