ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BOSS』担当者がまた暴走!? サンドイッチモチーフの『ローソンボスジャン』が当たる『Twitter』キャンペーン実施中

lawson_bossjan_01

ローソンでは、店舗でサンドイッチとサントリー『BOSS』を一緒に買うと30円引きになるキャンペーンを2018年8月6日まで実施中。それに合わせて、ローソンのカラーでもある濃い青にサンドイッチのストライプをアクセントにした限定『ボスジャン』が抽選1名に当たる『Twitter』キャンペーンも同時に始まっています。応募するには、ローソン公式アカウントをフォローし、該当ツイートをRTすることでOKです。

サンドイッチと同じサイズの袋から取り出して“超変形”するという特製『ボスジャン』。なぜか既視感が……と振り返ってみると、お湯をかけるとジャンパーになるという『ラ王ボスジャン』と方向性は一緒です。

「日清よ、これが生めんだ」! 『ラ王』×『BOSS』コラボがお湯でもどる『ラ王ボスジャン』だと判明
https://getnews.jp/archives/2008317 [リンク]

lawson_bossjan_02

特設サイトによるとこの『ローソンボスジャン』、自ら「意味不明」といい、「なぜ生まれたのかは(これを思いついた我々が恥ずかしいので)あまり考えないでほしい」と呼びかけています。とはいえ、『ラ王ボスジャン』の前例を見れば「またかよ……」という感想しか出てこないのですが……。

lawson_bossjan_03

さらに、試作品ではサンドイッチを大胆にプリントしたものがローソン担当者に送られてダメ出しされたとのこと。『ボスジャン』の担当者が暴走するのは既定路線ではありますが、そこからデザインが決定するまでのプロセスは「ノーコメント」と濁されてしまいました。

ブランドのアイデンティティでもあり、なんでも『ボスジャン』にしてしまうところに社風を感じるこの『ローソンボスジャン』。応募した人からは「ほしい」「おもしろい」といった声も多数上がっていて、おおむね好評といえそう。これに気をよくしたサントリーが次にどこの企業を巻き込むかというあたりも注目です。

LAWSON×BOSS サンドイッチが謎変形!ローソンボスジャン当たる!(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/lawsonbossjumper/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。