ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「気にかけてるよ」の気持ちをハトの鳴き声で形にするIoT鳩時計『OQTA HATO』 先行ユーザーの活用コラム連載をスタートします

「気にかけてるよ」の気持ちをハトの鳴き声で形にするIoT鳩時計『OQTA Heart Clock』 先行ユーザーの活用コラム連載をスタートします

スマートフォンのアプリでボタンをタップすると、離れた場所に置いてあるネットにつながった鳩時計が「ポッポ」と鳴く――。とてもシンプルな“IoT鳩時計”の『OQTA HATO』シリーズに、木目調デザインの新製品『OQTA Heart Clockシリーズ HATO もく(Wi-Fi)』がラインアップ。7月下旬に発売されます。

hato2

鳩時計を設置するのは、離れて暮らす父母が住む実家や、仕事中には会うことのできない家族がいる自宅など。特別な用事がなくても「元気かな」「いつもありがとう」「会いたいな」など、大切な誰かをふと思い出したときにアプリのボタンをタップすると、「気にかけているよ」という気持ちをハトの鳴き声にして相手に届けてくれる仕組み。電話したりメッセージを送るほどじゃなくても、シンプルなコミュニケーションを図ることができます。

hato3

1台の鳩時計には最大8人の送信ユーザーを登録可能。8人のうちの誰が鳩時計を鳴らしたかは、鳩時計を置いたユーザーには判別することはできませんが、登録している誰が鳴らしてくれたのかを想像する楽しさも。

キズナ聞こえる鳩時計「OQTA」 CONCEPT MOVIE(YouTube)
https://youtu.be/P8sPGIZf-jo

シンプルな仕組みだけに、使う人のアイデアや鳩時計を置く人、鳴らす人の関係性からさまざまな活用法やストーリーが生まれそうなこの“IoT鳩時計”。昨年『Makuake』で実施したクラウドファンディングのプロジェクトでは目標の600%を超える630万円以上の支援を集め、この春には支援者が先行ユーザーとして利用を開始しています。既に、バラエティに富んだ活用事例やユニークな体験談が集まっているそうです。

ガジェット通信は、メーカーのOQTAの協力により、『OQTA HATO』をユニークに使いこなすユーザーの活用コラムの連載をスタートします。心がじんわり温かくなる事例や、常識的には考えられないような事例など、さまざまな活用法を、ユーザーの視点から紹介していただく予定です。

hato4

『OQTA Heart Clockシリーズ HATO もく(Wi-Fi)』は、7月下旬に発売を予定。現在、予約を受け付けています。価格は3万1800円(税別)です。

現在、以下の販売ページで購入時にクーポンコードを入力すると、8%OFFで購入できます。
販売ページ:
https://oqta.shop-pro.jp/?pid=131984549
クーポンコード:78r4nf8m
クーポン利用可能期間:2018年9月30日まで

画像:OQTAウェブサイトより引用
https://www.oqta.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy