ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ウィスキーの基礎知識・スコッチ編】スモーキーさが身上のウイスキー最大派閥の魅力を定番『ホワイトホース』とともに紹介!

 

ウイスキー界の最大派閥といえば”スコッチ・ウイスキー”。とはいえ、それが何かと聞かれると、フワッとしか答えられない人も多いのではないだろうか。そこで改めてスコッチの魅力・基礎知識を解説したい。ブレンデッド・スコッチの定番『ホワイトホース』のグラスを傾けながら…。

 

英国スコットランド生まれだから、スコッチ。カッコつけたいなら、スコッチ。スモーキーな香りを意識して飲めば、さらに美味しい!

アイルランドから12〜13世紀頃にキリスト教とともに伝来されたと言われるスコットランドのウイスキー文化。気の遠くなる程昔の話。そしてスコッチ・ウイスキーの人気が出たのは19世紀後半。それまでフランス産のワインやブランデーを飲んでいた英国ロンドンの上流階級、フランスが虫害でブドウを全滅させてしまい、やむなくウイスキーを飲み始めたのがきっかけで広まっていった。

その中でスコッチの名称を名乗れるのは、スコットランドの蒸留所で作られ、3年以上国内で熟成させたものだけ、など様々なルールがある。

原材料は大麦麦芽単独ならモルトウイスキー。トウモロコシなどを混ぜて作られたものがグレーンウイスキー。それをビートと呼ばれる泥炭で燻して作られる。だからスモーキーな香りがするのだ。

各地に蒸留所が続々誕生し、1742年には「ホワイトホースセラー」が開業、1890年に初代「ホワイトホース」が誕生する。

しっかり生まれ年を明記

 

現行のスリムボトルになる前は、こんな形をしていました

 

世界で評価の高いジャパニーズ・ウイスキーも、製法はスコッチ!

近年、日本のウイスキーの評価が高まり、「山崎」「余市」など、世界に名を轟かせている銘柄も多い。しかしその源流をたどると、目指していたのは”スコッチ”である。ただビート香=スモーキーさは控えめなのが特徴だ。

 

 

シングルモルトばかりをありがたがる必要はないスコッチ。ブレンデッドのうまさを味わう『ホワイトホース ファインオールド』

 

「ウイスキーはやっぱりシングルモルトだね」という通な人がいるが、それは単一のモルトウイスキーだけで作られたウイスキーのこと。単一の大麦麦芽由来なので、その品種の育ち具合で味が変わりやすい上、豊作・凶作で生産量に影響が出る。希少な分、価格が高くなりやすいので、高級ウイスキーの代名詞のように語られがちだが、そもそもモルト単独のウイスキーは”クセが強い”もの。一方グレーンウイスキーは”クセが弱い”のが特徴。

 

 

これを混ぜて作るのがブレンデッド・ウイスキー。モルトやグレーンの種類も数多くあるので、その調合具合のセンスで味に差が出る。しかも豊作・凶作でも単一種由来ではないので、味の調整がききやすく、品質を安定させやすいのが特徴だ。

 

 

なのでウイスキー初心者なら、安定の美味しさを感じられるブレンデッドを選ぶべき。その代表的な銘柄が、今回紹介するキリンビール株式会社『ホワイトホース ファインオールド』(700ml・実勢価格 税込約1,000円・発売中)だ。

 

スコットランド軍の定宿だった「白馬亭」の看板がモチーフとなった。世界で初めて品質保持のしやすい金属製スクリューキャップを採用したことでも有名

 

 

「バランタイン17年」(サントリー)“ザ・スコッチ”として称えられた高級ブレンデッド。

 

他にもブレンデッド・スコッチ・ウイスキーの有名なものは「バランタイン」、「ジョニー・ウォーカー」「ベル」「シーバス・リーガル」「カティサーク」「オールド・パー」など多数あり、日本でも入手しやすいものが多い。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy